« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

VS嵐*7 今回は勝てたかな? ドランクドラゴン

5連敗の嵐(ココリコさんにしか勝ってないという)。

翔「女性2人のゲストに負け…」
相「女性2人若かったもん!だって」
翔「若かった?」
ニノ「運動神経良かったもん、女性2人」
翔「ま、いたしかたないとして、南海キャンディーさん来て頂いて」
相「南海さんキャリアあるもん!」
翔「キャリア?」
相「勝てないよね? キャリアあったらねぇ」
ニノ「勝てないよ、もっとなんか、なんとな~くの人がいいんだよ」
翔「なんとな~くの人? 確かに僕のイメージだと今日はそんなに体動かすの得意な方じゃないかなという印象はありますよ」
ニノ「今日来た人達はなんとな~くの人ですね?」
相「フワフワしてるってことですか?」
翔「僕が言ったみたいな流れになってるけど…」

なんとな~くのゲスト様はドランクドラゴンの塚地さんと鈴木さん
鈴「ちょっと、櫻井君!フワフワしてるってどういう事よ!」
翔「言ってないって、俺!」
塚「大きく否定できひんから恥ずかしい!」 翔「言ってないから!」
翔「(塚ちゃんの格好を見て)何ですかこれは!」
この日、夜9時から放送の『裸の大将~宮崎の鬼が笑うので~』の衣装だった。
翔「鈴木さんは今日はあれですか? スケジュールの管理の方を…」
鈴「なんで、マネージャーじゃないでしょう!!」
鈴木さんも同じドラマに刑事役で出てるとの事。
相「何て役なんですか?」
鈴「佐々木です」 塚「鈴木が佐々木をやるの

◆フォーリングパイプ◆
パイプキャッチは潤君。チョイスは鈴木さん。
伊藤アナに作戦を聞かれた潤君「鈴木さんは偶数と奇数どっち好きですか?」
鈴「オレはの7の日に生まれたんですよ」
潤「…? はい、一応聞きましょう」
鈴「だからもう、奇数です」
翔「今ちょっと迷ったでしょ」
鈴「どうしよ、どうしようかと思った」
潤「3と4だと7ですね」
鈴「そうですね、でもそこは僕の好きな7の行き方もあります。たとえば3×2で6で1足せば…」
ニノ「3本いっちゃてるじゃん」(笑)
ボタンを押すとき、カムフラージュに盤面をあらゆる所ををボンボン叩いている。
潤「大丈夫ですか? ボタン押してる時と音が違いますけど」」
鈴木さんのチョイスは3と4
潤「鈴木さん2番押しましたよね」
鈴「それはわからないです。2は…押したか押してないかはわからないです」
塚「言いそうになってるよ」
鈴「あぶね~、なんだよ、あの誘導尋問よ」
スタート*鈴「松本君は最近アレなんでしょ? 香水にハマってるらしくて、自分の好きな香水を同じ人にあげちゃったりとか,」
潤「同じ人にあげっちゃった? どういう意味ですか?」
鈴「さぁ、ひっかかって来たねぇ~」 ここでGO!
ダブルキャッチしたものの左手が100点の僅か下で0点。しかし右が30点を獲得。残念。
相「香水を同じ人ってどういう事?」
鈴「香水最近ハマッてるんでしょ?」
潤「え、ええ。」
鈴「それを間違えて同じ人にあげちゃったって言っちゃっただけ」
ニノ「鈴木さん、鈴木さん(顔をしかめて)何言ってんの?
鈴「一つだけ言えるのは今日はシラフです」

後攻のキャッチは塚ちゃんで、チョイスは翔ちゃん。
翔「塚地さん、そんな格好で大丈夫なんですか?」
相「危ないですよ」
塚「下駄をってこと?」
相「上も脱いだ方がいいかもしんない」
塚「なんでや、なんでやねん!」
番宣で着ている衣装なので脱げないようだ。
大丈夫だという証明に台の上で軽快にステップ。
鈴「何でタップダンスだよ」
相「取るゲームだよ。それ」
鈴「一切音出てねぇじゃねぇかよ」 翔ちゃんチョイスは3と4
スタート*翔「塚地さん、裸の大将、これ決まった時っていうのは、どういったお気持ちだったんですか?」
塚「やっぱりねぇ、先代の偉業が大きかったんでプレッシャーしかなかったですよ」
翔「これ今やっていて、当たり役とか言われてますけど、お芝居入っていてやり易さ、やりにくさって感じる時があるんですか?」
塚「やっぱりそうですね…」  GO! なんとダブルキャッチ!で40点。
相「塚地さんの居る位置が良かったね」と褒めといて、
ニノ「今のこのやり取りに関して面白いとこが1個もなかったからね
とニノのキツイ〆。
翔「先代の偉業がとか…」
一気に恥ずかしくなっちゃった塚ちゃん。

2回戦目はキャッチが智君。チョイスは塚ちゃん。
智君今日は違うようだ。 翔「やる気に満ちてますよ
目ヂカラを送る智君。塚地さんチョイスは1と3
スタート*塚「大野君は最近釣りにハまってるらしいね」
智「はい」
塚「全然休みがなくて行けてないと」
智「そうですね」
塚「何を釣ってるの? いつも」
智「僕、海釣りでシーバスとか…」 GO!
ダブルキャッチで110点! 得意満面で下を見下ろす智君。

後攻のキャッチは鈴木さん。チョイスはニノ
自称で塚地さんより反射神経が良いというが…。
ニノ「でもね、今日酔っぱらってるから
鈴「普段酔っぱらってる時もあるけど、今日はシラフ! もしそれが嫌だったら酒持ってこい!」
鈴「作戦がありますからね」と自信あり気。「僕はあえていまはこうやります」
とカメラに背を向けた姿勢。
塚「鈴木!テレビに映らないよ!」
ニノ「鈴木さん、やっぱり酔っぱらってるじゃん」
塚「今完全に壁にモタれて吐いてる画だやぞ」
鈴「二宮君! オレはここだけを捕ります!」と3,4宣言。
塚「3,4だけ?」
鈴「1、2は捕らない!!」
ニノ「じゃあ1,2を押します」
鈴「えっ? 本当!?」 ニノチョイスは本当に1、2
スタート*と同時に正面を向いた、鈴「なんちゃって~~~
ニノ「鈴木さん、なんか打ち合わせの時にノビしたら、非常ベルみたいなの押しちゃって大問題だったって」 GO!
スルーして1本も掴めず0点。
ニノ「せっかっく(1、2と)言ったのに」
翔「カッコワリィ」
一つの事しかできないと言い訳してました。

◆キャッチングブリッジ◆
ブリッジの上でボールを受けるのは相葉ちゃん。
ブラックボールを相葉ちゃんめがけて打つのはドランクドラゴン。
塚「相葉君、これ凄い威力だと思うよ」
鈴「これタレントに向けるスピードじゃないと思う!!」
相「大丈夫? スゲェ悪そうな顔してるけど」
翔「下から見るとね、塚地さんがなんか農作業している人みたい
塚「なんでよ!タレント!!」
相「ピンクを捕れば黒は来ないですね」
スタート*順調にボールキャッチ。ブラックボール、いつもより早くねぇ? キャッチ出来ない速さだった。TIME UP同時にブリッジから落ちちゃったよぉ。これって『初』だぞ。340点!
翔「しかし、アレ速かった!」
潤「1回だって本当に落ちそうになってたもんね」

後攻は鈴木さんが。ブラックボールは潤智コンビが。
潤「鈴木さんがスタンバイした後に、スタッフの人がここイジってちょっとクイクイって」
鈴「おかしいでしょう!! そんなの!」
潤「ちなみに確認ですけど嵐の皆さん、ヤッちゃっていいんですよね?」
鈴「その確認はまずオレにして!!」
スタート*鈴木さんキャッチしたボールを落とさず持ってる!これじゃ次のボール取れないじゃん? ブラックボール、相葉ちゃんのときより更に速い!それでも260点はさすがだね。
ニノ「あれね、スピード上げてました確実に」
鈴木さん「僕のボールのこの顔あるでしょ!」と意味不明ながら抗議してました。このあとオチもスベってしまってた。

◆ローリングコインタワー◆
300対480で嵐優勢。このまま行くと勝てるかも!って感じ。
対戦相手は鈴木さんのチョイス。
鈴「まだね、やって無い人がいるでしょ?」というが全員やってる。
ニノ「酔っぱらってんじゃないの?」
鈴「酔っぱらってないです、シラフですって! もしアレだったら酒持ってこい!!
鈴「さっきから、四の五のうるさいから、まず二宮君」
鈴「手先がね器用そうじゃないのが櫻井君とか…」
スタート*塚⇒ニノ⇒鈴⇒翔、2週目、鈴木さんが倒すと思いきやセーフで翔ちゃんがぁああぁ。アウト!
620対595でゲスト勝利で嵐まさかの6連敗~~~~。
翔「(凹んで)オレこれやったの2回目なんだよな」

勝ったゲストに豪華賞品
塚地さんは仮面ライダーフィギュア、鈴木さんは魚群探知機&リール
◆感想◆塚「嵐の運の無さというのが露骨に出ちゃったんじゃないかなと、いつの日か勝って欲しいよ。毎週見るわ!」と同情気味。
ニノ「次勝ったらね泣けると思う!

◆MOST DAME ARASHI◆
伊藤「皆さん決まってますか?」
翔「いや、ちょっと待ってください伊藤さん、コレちょっと考えてみましょうよ」
ニノ「相葉さん今日何したの?」
相「今日キャッチングでだいぶ高得点叩き出して」
潤「そこで点数離したもんね」
鈴「結構捕ってたね」
相「アレでもうイケたと思ったよね」
鈴「アレでもう負けたと思った」
相「そうだよね」
翔「わかった、わかった。3試合目に問題があってってことか?」
相「そういう事になりますね」
せーので一斉に指差されたのは翔ちゃんでした。
翔ちゃん落下。

最後に翔ちゃん一言「次は本当に勝ちたいと思います

08052473

| | コメント (0) | トラックバック (3)

嵐の宿題くん*宮川大輔さん

いつものように箱には≪カサゴにそっくり≫≪元ジャニーズ志望の芸人≫と書かれている。(カサゴ?)

相「ついに『魚(ギョ)』ですね
翔「魚(うお)ですね、元ジャニーズ志望の芸人」
オグ「カサゴにそっくりでジャニーズ志望できるわけないでしょ!」
ニノ「あれ、大野さん髪の毛染めたんですね?」
智「はい」
潤「どうして染めたんですか? 色々あるんですか?」
智「いや…(とちょっと振られて困ってる)」【ドラマ主演決定!】
潤「気になるなぁ」
ニノ「その話、気になるから、こっち放っとこう!」とゲスト様の箱を横に片付ける。
箱の中からドンドンドン!「ちょっと!」
仕方なく開けますかぁ~と箱を180度回転させた。
翔「さぁ、というわけで本日のお客様はこちらの方です!」箱オープン!
「どうもぉ!」と両手を挙げ出て来たゲスト様は客席&TVにお尻向けてた。
本日のゲストは宮川大輔さん、宮「扱いオカシない?」
画面左端にカサゴのアップが。それと同じ表情をする。うん、似てるかも!! テンションが一気に下がった宮川さん。
翔「元ジャニーズ志望ってなんすか?」
お姉さんからカワイイからジャニーズイケると言われてたらしい。
でも、バク転が出来ないと駄目だと聞いて1年間くらい練習してたとか。出来るようになって応募しようと思った頃にはアゴがしゃくれてたんだって(笑)

潤君とは隠し砦の三悪人で共演してる事から、
翔「(マツジュンは)どういう人でした?」
宮「嵐ってスーパーアイドルなわけですよ。もっと、こうチャラチャラしてると思ってたんですよ」
だけど実は、男らしいというか! 大人というか、好印象だったようだ。
宮「おお~ジュン!!と
翔「ちょっと待ってください! ジュン?」
宮「『松本君』って言わなあかんの? 超松本君って。松本君ってもっと遠いやん」
相「あんま居ないですよ、ジュンって呼ぶの」
宮「違うねん、でもな難しいねんで初めにどう呼ぶかって」
(と色々言っておりますが)
潤「最初、松本君だったじゃん
宮「エッ!?」
本読みの時点で「松本君はここどう思いますか?」と聞いてきた事を言われ立場をなくす宮川さん。
宮「間違えた! 松本君って遠い所から言ってしもうたから、これはアカンと思ってやっぱ相方やからね」
智「マツジュンは覚えてるの? いきなり「ジュン」って呼ばれたとき」
潤「普通にみんなで撮影終わって召し食いに行って、夜、砕けてくるじゃん、お酒とかも少し飲んだりするから、でそういう瞬間に『でさぁジュンはさぁ』っていきなり始めたんです」
嵐メン「酒の勢い!?」
宮「ちっこい男やね、俺、大分年上やのに」
宮川さん意外と人見知りだそうで。
宮「ブッサイクな子とかやったら全然しゃべれんのやけど、カッコエエやん、すっごく緊張してんのよ、今も」
ニノ「なんで緊張するの?」
宮「女心ですよ」と男の中には乙女心があるとテーブルを指でグルグルやりながら説明。
ニノ「グルグルやるのやめてもらえる?」(爆)
今現在、嵐の中にいてドキドキしてるらしい。
宮「落ち着くとき小倉さん見るの」とさりげなく失礼なおコトバ。
映画撮影後のお風呂の話、お腹のぶよぶよを潤君に見れらたら「嫌われんのちゃうかな」と思って、首まで浸かって波立てて見られないように必死だったと言う乙女心を話してました。
先に上がって「(潤君が)どんなパンツ履いてんのやろ」と、気になった事を客席に同意を求めるが、
ニノ「それ乙女心じゃないんだよ」
宮「何心だろ?」
潤「ただの変態なんじゃないですか?」
相「見たんですか?(パンツ)」
宮「チラッとだけ見て、ああ、潤こんなパンツ履いてんのや」とパンツを履く仕草をする。
翔「今、履いたよね!?」【まさか?】
宮「俺は、俺のパンツ」
潤「俺のパンツは?」
宮「ここにある……何の話や」と疲れてます。

ゲストから視聴者への宿題―+珍しくておいしいチャーハン:121通
担当は潤君。
翔ちゃん、再び櫻井屋台でほっときバージョン。
関係なく進行する潤君、翔「触れてもらえないんだ」とボソ。
オグ「何? ブツブツブツブツ」
相「何やってんの?」
翔「触れてもらえるもんだと思ってたんですけど」
前回好評だったから、今回もやると説明。
ニノ「ちなみにチャーハン作った事あるの?」
翔「あるわけねーじゃん、そんなの」【逆ギレ!?】
相「じゃあ、僕らはこっちでやってていいんだね」
翔「どうぞどうぞ、ゆっくりどうぞ」
ニノ「一言もしゃべんないでね」
翔「何でやねん!?」【関西弁?】
1品目は◆緑色のチャーハン(ほうれん草のペースト)更に緑のあんかけをかける。
宮川さん食べてコメント言う時に、翔ちゃん屋台で何かごちゃごちゃ言ってる。
翔「さぁ~油入れちゃうぜ~い!
オグ「黙って油入れろ~!そこで!」
ニノ「本気で怒られてるぞ!」
宮川さん今度こそコメントを言う時に、今度はオグさん「消しちゃったから…消しちゃったから…」と笑ってるし。
宮「静かにしてもらえません? 『消しちゃったから』じゃないでしょ」
3度目の正直。「アッサリしておいし」【棒読み】
コメントのだめ出しされて「違うねん、自分の間を失ったんや」と。
みんなも試食。翔ちゃん作るので精一杯らしい。
ニノ「中華屋貸そうか?」
翔「中華屋?」
相「俺出来るよ」
翔「作れないでしょ」
ニノ「中華屋だよ」
相「中華屋の息子だよ」
翔「だめ! 中華料理屋が来てやったって何が面白いの? 出来ないから(面白いん)でしょ?」と向きになってる。
相「まぁ、そうだよね。わかった、わかった」と引き下がる。
オグ「やらせとけ、やらせとけ、じゃあ、もうホントに相手にしないからね」
翔「いや、それはそれで…卵入れま~す!」

2品目◆完全予約制 超高級チャーハン
ツバメの巣が入った東京都新宿区『シェンロン トーキョー・プラチナチャーハン』(12000円)
宮「うわ! 味が濃い」
嵐メンもうまいと好評。
潤「翔さん、これ終わったら次ですよ」
翔「ここからがクライマックスですから」【卵とご飯を炒めただけ、他に具らしいものはない】
なんと翔ちゃん、砕いたインスタントラーメンを投入。(チキンラーメン辺りかなぁ)更にレタス投入。
◆ラーメンチャーハン完成!
お味はおいしいと大好評。
オグ「ツバメの巣のチャーハンの後で?」と笑ってた。
翔ちゃん、頑張ったんだけどオグさんに「料理の腕じゃなくて」とバッサリ。
ニノまで「組み合わせなんだよね」ってさ。
翔「いつになったら僕の評価は上がるんですか?」
カメラは大胆に汚された屋台の調理台を映す【残念でした】

●昨日の夜何してた?
智君読み上げ「芸人仲間と酒を飲み凶暴になっていた
実際は凶暴というか飲み仲間と飲み屋でプロレスみたいなのをやってるらしい。
どんぐりコロコロ馬場チョップと楽しい(?)遊びを紹介。
服破り魔という事が判明。カラオケで歌ってる最中とか、後輩の服を破ってしまうらしい。
後輩の破られ方が面白からと言ってたけど果てさて…。
この後、しょうもない話となってましたね~。とても書けません。
後輩は慣れたもので、ジャージとパンツは持参してくるそうです。

●汐留相葉ランド
相「汐留相葉ランド、略して!」
客席「アイランド~~~」
相「ゲーム得意ですか?」
宮「いや僕は」と言いかけた時、相「そうですか! 分かりました!」
答えてないのに先を急ぐ相葉ちゃん。巻いてます。
相「だるまさんがホニャララ!」 客席「……」
ニノ「ビックリするぐらい盛り上がらなかったよ」(爆)
◆だるまさんがホニャララ
ルールはだるまさんが転んだとほぼ同じで、ただし鬼は「だるまさんが○○」とお題を言うので子は、そのお題の動きをしなければならない、お題に沿った動きが出来ないと鬼に捕まるとな。
ジャンケンで鬼決め。ニノが鬼。
オグ「絶対、鬼の方がいい……」
相「(鬼が)いいですか? やった方が面白いですって」
ニノ「だるまさんが≪アントニオ猪木≫になった!」
一斉に猪木だよ。やっぱオグさん捕まる(はは)
次のお題は≪IKKOさん≫だった。一斉に「どんだけ~~」
次のお題は≪ツッコんだ≫、一斉にツッコミ始めた。ねんでやねんの嵐。
ニノ「宮川さん、こっち来て」
宮「ちょっと待って」と納得いかないようだ(本職だけに)
ニノ「ツッコめてなかったもん」と厳しい。
次のお題≪挫折した≫、それぞれの挫折の仕草が笑えた。相葉ちゃん、妙に言葉出しすぎてアウトにされた。
相「切って、早く切って」と他メンバーに頼む。切って捕まったのは宮川さんだった。お仕置き決定。

次は潤君が鬼。
お題≪マイケル・ジャクソン≫、みんなでポゥ~!!を発声。
オグさん笑ってるだけでアウト。「あのさ、俺、もうすぐ61だよ」と言い訳してるし(笑)
お題≪ビートたけし≫、ダンカン、この野郎、オイ、バカ野郎!と首を傾げる。
お題≪ラッパー≫、それぞれのラッパーでおもろかった。
潤「宮川さん!」 宮「(素直に)ハイ」
お題≪イジケた≫、翔「いいよ、俺なんかもうじゃあ」
オグ「いいよ、って言ってるだけじゃん」とウケてる。
お題≪ウンコ踏んだ≫、一斉に靴の裏を見てる様。
終始付かなくなって「次切ろう!」となった。
切ったが、オグさんを触らず嵐メンの元へ。
翔ちゃん、みんなに押されて前へ、潤君にタッチされアウト。

お仕置きは宮川さんと翔ちゃんに決定。
自慢のモノマネだった。
翔ちゃん宮川さんの眼鏡してます。宮川さんは眼鏡無しの素の顔。
五木ひろしさんの真似って事で、2人ともとんでもない顔に。

優等生の宿題は

08051900

| | コメント (0) | トラックバック (5)

ひみつのアラシちゃん~age嬢、TV局、日本の地下の回

ネタがないので6回目の放送を

新コーナーはひみつのプライスちゃん!(子供用品の巻)
1個1万円の消しゴムが登場したけど、100円消しゴムの120倍。
10500円でかなりでかくて使いにくそうだった。
次はリコーダー、好きな女の子のリコーダー、吹いてみたい…小学生のイラストがにのみ~だった。
ニノ「何で俺なの! 俺そんなキャラクターだったっけ?」と憤慨。
このリコーダーは136500円だった。笛職人が柘植の木から手作りで6年もの年月をかけて作る為お高くなってしまうらしい。
その後、367万5千円のリカちゃん登場。6.28カラットのダイヤを身に纏ったゴージャスリカちゃん。恐ろしくて着せ替えられないわ。
石材店のキティちゃん、墓石キティちゃんでも出てくると思ったら、純プラチナのキティちゃんフィギュア、1890万円!(先代の社長がつい作っちゃったんだって)
高額地球儀は178万円だった。キティちゃんの後だったから安く感じちゃったよ。でも地球儀に178万円は考え物だ。
1000万円のランドセル、プラチナランドセル、歩くたびにプラチナが剥がれ落ちステキ(?)
この店にはユニークなランドセルが沢山あったんだけど、果たして子供は嬉しいものか?
実際にアザラシランドセル(50万円)を使ってる女の子はカワイイから気に入ってます!との事。そうかぁ!

相葉ちゃんも新コーナー。
噂の!相葉ちゃんマガジン』とTBSなんだがどこかのパクリですなぁ。
ニノ「見たことあるぞ!」
翔「見たことあるよ!」
相葉ちゃんが今最も気になる雑誌や記事を調査していく企画らしい。
相「みなさんハードルを上げずに下げて観て下さい!」
今回取り上げた雑誌は≪小悪魔ageha(アゲハ)≫
ニノ「お前これ読んでどうするの?」
相「違う!これね『age嬢』って人たちが出てるんですよ、出てる人は皆age嬢なんですけど、僕が最も気になるのはキャッチーコピーなんですよ。ハチャメチャな。そこに書いてあるんですよ『病んだっていいじゃない』チョット気にならない?」
中島「いいなぁ~いい!」
相「これを作っている編集長がどんな方なのか気になるでしょ? これ僕お会いすることに成功いたしました」
相葉ちゃんのロケだっちゃ。
登場の仕方が笑えるね~~いいね、相葉ちゃん。
どこかの住宅街でロケスタート。そしてスタジオに潜入。
撮影現場を覗かせてもらいage嬢をチラ身。
D「どんなですか?」
相「(ageポーズで)こうやってた」(ぷりち~~)
カメラも潜入、相「すっげ~、本物でございます! 頭デカイですね!」
age嬢は読者モデルで本業ではないんだけど、もうなりきってます。
相葉ちゃん接触、たいしたリアクションも無く「あ~~本物だ」程度(笑)
相「僕結構、皆さんの事良く知ってますよ!」と一人ずつのプロフィールみたいなのを言ってみせる。好きなおにぎりの具まで。
恐っ!」って言われてんの。
相葉ちゃん、コミュニケーション取るのはお得意なようで、打ち解けてました、顔に何かされてたもんね。顔がラメでキラッキラ。
本題の編集長の話にようやく入る。
age嬢には女王バチのような存在。
相「神ですね」に「神です」と即答が。
独特なヘアスタイルのネーミングも奇抜で相葉ちゃん大爆笑。
編集長、会議でなかなか現れないので、ADの大谷ちゃんを呼び、
相「大谷ちゃんメイクしよ!」と強制的にage嬢に。
MEZAIKUだの色んなアイテム登場で変身過程を垣間見れました。
相葉ちゃん、その間に「パンダっぽい」だの「ぬり絵」だの散々ねぇ。
1時間以上もかかって出来たage嬢大谷ちゃん。
相葉ちゃん、age嬢大谷ちゃんを見て笑いながらその場にしゃがみこんだ。
「誰!? 大谷!?」と見事な変身振りに圧倒。
そこに編集長が登場。
見るからにageageスタイルなお方。しかし年齢不詳だ。
相「頭デカっ!」
この間、相葉ちゃんと編集長の盛り盛りトーク。
頭を盛りたくなるのは盛れるから!と訳ワカメですが。
相「(聞きにくそうに)年はいくつ…?」
編集長「一番この中で上ぐらい」
相「それは見たらわかりますけども…、そうですよね、言いづらかったらいいんですよ」(とさりげなく気を使う相葉ちゃん)
編集長「そうですね、大台に乗った感じですね」
相「後はご想像にお任せします」
終了

相「大谷ちゃん」と呼ぶ。相葉ちゃんに手を引かれステージへ。
相葉ちゃんに感想を聞かれた大谷ちゃん「自分的には超カワイイなと…」
ニノ「大谷ちゃん一発ブン殴っても大丈夫?」(キツッ!)

櫻井ちゃんの調査報告は、いきなりスタジオのカメラ8台の値段がいくらか聞いてきた。
翔「実は(1台)2600万円、つまり、しめて8台合わせて1億6000万円します」
スタジオ巨大モニターは1億5000万円で、パネラー(ゲスト)の為だけにあるTVに映らないモニターは2億円。
って事で、ひみつの現場はテレビ局編
翔ちゃん、アナウンス部へ聞き込みに。
出水アナを見つけ、すかさず聞き込み開始。
女子アナはストッキングを買わないって情報をゲット。どういう事だ?
衣装は帯番組で毎日用意され、ストッキングも同時に支給される。
出水アナは毎日履き潰してるらしいが、他の女子アナは1回履いたら
家に持ち帰って洗ってまた使うようだ。
翔「ゼイタク、出水さん!」出水さん、ピンチ。
翔「こうやって潰し合いっていうのが行われるんですね」
続いて、土居アナ(男性)の元へ、いきなりトリビアだった。
○ とんでもないことでございます
× とんでもございません   だって。知ってた?
翔「ホント勉強になりますね」
それでもアナウンサーでも間違いやすい言葉はあるらしい。
翔「僕もですね、僭越ながらチョット
土居「キャスター!」と持ち上げてくれた。
という事で土居さんからアクセントの試験の洗礼を受けた。
『熱い、厚い』の読み方の違い、櫻井キャスターは見事正解。さすが。
発音練習文とか見せてくれてた「青い家。相生。葵瓜。野葵。家葵。」言えますか?
またもや出水アナ、翔ちゃんに呼ばれ対決。
≪この竹垣に竹立て掛けたのは竹立て掛けたかったから竹立て掛けたのです≫
翔ちゃん、先ず試しに読んでる内からダメでした。
土居「カワイイ~~~」と言われてる始末。
出水アナも突っかかり面目が。
土居「アイタタタタ」
早口言葉ではないので慌てて読もうとしないで大丈夫とアドバイス。
土井アナ、お手本に読んでみると、さすがです!!。脱帽ものでした。
木村アナからの情報は福澤アナの『ピンポン!』でのTVには映らないひみつだった。
CM中の観客とのやりとりだった。
90秒というCMの僅かな時間で観客のテンションを上げて行く話術は素晴らしい! それも本番10秒前にピタリとまとめてる。
オンエア中には見れない楽しいひと時をあざ~す!って感じだった。
『ピンポン!』本番終了後の翔ちゃんと福澤さんとのツーショット。なんか嬉しかった。
福澤「どこ行っても政治家の方って女性を見たら『うわ~女子大に来たみたい』って言うんですって」福澤バージョンはこれに学校名を入れるらしいですぞ(笑)

二宮ちゃんの調査報告は日本の地下
丸の内のビルの地下にあるものとは?
農園、ゴルフ場、釣り堀、動物園の4択問題。
(前にya-ya-yah!の番組で観たかな?)
良純さんに振るけど、答えない内からお約束か「違います!」と。
答えはVTRでとニノちゃんのロケ。
カメラに顔を密着させてのレポート。近い近い近すぎる!
堪りかねてスタッフ「近いよ!」と声を出す。
地下大好き男は頼んでないのにカメラ持参
そこで待ってた初対面の人を「ちゃん」付けで馴れ馴れしくニノちゃんらしい対応。
そこにあったのは稲が植えられていた。そう正解は農園。
日の当たらない地下で見事なトマト、お味は「トマトだ!」んん…。
次は地下マニアには重要なスポットらしい。宇都宮まで足を運んだのね、そこの案内の人にも「赤いナイロンのお父さんと…」失礼な。でも憎めないのがニノちゃんの凄い所。
地下30mへ向かう。そこには巨大な地下空間が!元は地下採石場だったみたい。
ニノちゃん、記念撮影で大ハシャギ。セルフタイマー使って走る自分を撮影だ。

後はスタッフ~がロケに。
東京都北区の地下には一体何が。
あるビルの地下3階には電車がすっぽり入ってる。地下車庫は住宅街の真下にあったのね。
都内に12箇所もあるという。洗車マシーンまであった。
深夜、道路上で電車を運んでる風景が。
地下鉄車両の地下入り口。クレーンでゆっくり地下へ降ろされていく。
東京メトロ副都心線。新宿3丁目駅へ。出来たてだ。
一番驚いたのはこの上下に更に地下鉄トンネル(丸の内、副都心、都営新宿)があって、その間の厚さは僅か11cmとか????
マジっすかぁ!
恐るべし、日本の最先端技術と唸ってしまった。

地下鉄の売店メトロスの販売力にはまたまた脱帽。神技ですね。
商品を5秒に1つ売りさばいてますからね。
インタビューしてる合間にもあちこちとお客さんが来て、しっかり売ってましたから。プロですね。

相葉ちゃんのとっておきのひみつ
相「二宮ちゃんは、僕らの年代くらいだと車に乗ったりしてドライブミュージックってわりとノリノリなやつだとかJ-POPなやつとかかけるでしょ? 彼はゲームのサントラなんです
ニノ「そうですね」
松嶋「何聞いてんの?」
ニノ「今はクロノトリガーっていうやつの」
松嶋「(苦笑)……」
潤「それはさ、ドライブしてる最中に聞くと盛り上がるの?」
ニノ「盛り上がる!」
相「必ず買う雑誌『ファミ通』ですよね?」
ニノ「そうですね! 必ずですね、そこは!」 080515001 080515002

| | コメント (0) | トラックバック (6)

VS嵐◆第6 南海キャンディーズ(元カレ、今カレ)

翔「今日は確実に、申し訳ないですけど勝たせてもらいます!」(4連敗中!)
ニノ「じゃあ、ショボイ人達が来てるって事ですよね」
翔「いや、いや、言葉の表現がちょっと違いますけど」
潤「でも勝てるって事ですか?」
翔「勝てそうな人達を」
智「運動神経があまり無さそうな人?」
と、今日こそ勝てるか!ゲストさん登場。南海キャンディーズのお2人。

山「おい、かなりご挨拶な幕開けじゃないですか!」
翔「今日は僕たち…」
山「勝てそう!って!」
翔「(嵐が)勝てそうだから来ていただいたみたいな、意気込みの方を…」
山「正直負ける気がしない!」
翔「僕らも同じセリフまんま返す」
山「ウチの姫がやりますよ、今日は。本気ですからね」
翔「静ちゃん、どうですか?」
静「今日は好きな人がいるからちょっと……あの
翔&ニノ、騒ぎ立て、翔「改めて…」
静「相葉くん」(なははは)
相「(照れて)スイマセン!」
翔「じゃあ、勝たせて貰えるって事でよろしいですか?」
静「いや…」
ニノ「今の賞品が欲しいか、こちらの商品(相葉)が欲しいか、どっちかだよね
山「(焦って)静ちゃん、コンビだから…頑張って勝とうよ!」
静「ゴメン山ちゃん」
山「嘘だろ! おい!」

★フォーリングパイプ
キャッチは山ちゃん、チョイスは智君の対決。
潤「山ちゃん、そのヒザあて初めて着けましたよ」
山「分かりますか? 僕本気なんです!」
潤「今迄女性のゲストすら着けてないですからね」
山ちゃんは100ポイントを両手で掴み、格の違いを見せ付けるとな。
そのポーズがまるで「フォ~~~!」
翔「ハードゲイみたいな」
ニノ「HGのね」
山「誰も『フォ~!』ってやってないでしょ。やりませんよ、フォーは!」
智君のチョイスは1と3
山「リーダー顔に出ちゃうタイプだから、偶数だね、リーダーその顔は偶数だね」(どんな顔だい)
スタート:智「山ちゃん、最近、眼鏡外して髪の毛ジェルで固めてアイドルのサイン会に言ったそうですね」(ここでパイプGO!)
Wキャッチされたものの、共に10点の場所だったので計20ptsだった。
ニノ「凄いんだけど、それどういうこと?」
翔「サイン会?」
山「そこ、掘り下げないで!(掴んだ)この余韻に浸りたいんだけど」
潤「ちなみに誰のですか?」
山「新人のアイドルの方々の秋葉原でやってるライブに、このままで行くと…略…メガネはずして髪あげたらホントに誰もわからないです、僕のこと。色紙に『山ちゃんへって書いてください』って言っても気づかなかったですね」
翔「わかんないもんなんだね」

後攻のキャッチは「ここは僕でしょう」と相葉ちゃん。
翔「相葉くんが行くということは?」
静「じゃあ私も行きます」とキャッチ台(相葉ちゃんの元)へ向かおうとする。
翔「何でだよ、こっちでしょ」と山ちゃんと引き戻す。
ニノ「相葉さん聞いたら言ってくれるかもよ、番号を」
相「静ちゃん、何番押しますかぁ?」
静「え、どうしようかな」
山「言っちゃダメだよ!…気持ち悪い、本気じゃないか!」と激怒。
静ちゃんチョイスは1と3
嵐「あ、あれだ」
山「(観客に)聞いて下さい、皆さん。嵐はずるい人達ですよ」
相「あれ来る?」(笑:わかってんのかいな?)
スタート:静「相葉君と前、ロケに行った時に相葉君、唐揚げが好きと言ってたから、そのあと唐揚げ凄い練習して作ってんけど、また今度、良かったら家に来て欲しいなぁ、と
相「マジッすか?」ここでパイプGO!なんと 0pts!
台の上で倒れたままの相葉ちゃん。
ニノ「相葉ちゃん、戻っておいで」
潤「動揺しすぎだよ!!」
山「やっぱねぇ、女子に家誘われちゃったら動揺しちゃうか?」
ニノ「何で言っちゃったの? (台に)俺が行くって」
相「まさか、唐揚げの話されるとは思わなくて、唐揚げ練習してるって聞いたら、ちょっとネェ、ビックリしちゃうじゃないですか
山「あれ、ときめいちゃいました!?」
客席「ヒュー(囃したてる)」
相「なんですかこれ!?」(客席を見回す)

静ちゃんキャッチで、潤君がチョイス
山「あの子ねぇ、相葉くんとロケ行くまでは、嵐の中では松潤さんが抜群に1位だったんです」
翔「あれ、じゃあ今、動揺してる?」
相「元カレ的な?」
潤「元カレなんだ!俺
静「ゴメン、あの時のはもう忘れて欲しい」
静ちゃん、台の上でシュミレーション。意外に俊敏だ。
潤君チョイスは1と4
潤「俺、しずちゃんの秘密知ってますから!」
静「え? なに? なに?」ともう動揺しながら構えている
スタート:潤「静ちゃん!」ここでGO!
さすがWキャッチで80ptsです!

後攻はニノがキャッチで、山ちゃんがチョイス。追い上げないとヤバイっす。
潤「1本に絞るっていうのも有りだと思うよ」
ニノ「いや!それはもう2本で」
山ちゃんチョイスは2と3
ニノ「山ちゃん、今チラッと見た、あっチラッと見た」
山「見てない、何も見てない! 見てない! やめて下さい!」
ニノが2と3のパイプを掴んで動揺させる(ドンピシャじゃん)
山「ちょっと待って、それで俺が動揺したらそこだって決めるわけでしょ?」
ニノ「(1と2のパイプを掴んで)じゃあここだ!」
山「そういうのはズルイと思います!」
ニノ「駆け引きだもん、このゲーム! 山ちゃん来い!!」と再び2、3のパイプを掴んでスタンバイ。
スタート:山「あれ、二宮君、結構ゲーム好きなんでしょ? この前凄いゲームやり過ぎてコンセントから煙が出てきてお母さんが本気で怒ったって聞いたんだけど」ここでGO!
後ろ手で1本のみキャッチ!30pts
翔「実はね、最初のね、ニノはあれ、かまかけてたの?」
ニノ「かまかけてた」
翔「全くあの通りだったの」
ニノ「ウソォ~」
山「『ここでしょ』って言った瞬間にあ~ダメやっちゃったなぁって思って」
ニノ「マジ!?」と残念がる。
静「お客さんの反応でわかるから、お客さん嵐の味方じゃないですか。このメスどもが!」

★クリフクライム
ゲストが先攻、後攻決められるんだけど、相談無しの静ちゃんの一方的意見で後攻に。
嵐は「オレ、やってない」と翔ちゃん。
潤「冷静に考えよう! 冷静に考えよう!」と他嵐メンで相談。
が、翔ちゃんヤル気満々だ。
山「温まってますよ、シュミレーション出来てるよ!」
そんな翔ちゃんに、ニノ「信じていいんですね?」
翔「信じて下さいよ」
ニノ「じゃあ、翔しゃんで行きます、で、サポーター誰やりたい? オレやりたくない
潤「オレもいい」 相「オレもやだ」と散らばる、そこに智くんが残って決定。
サイレント・シュミレーションが翔智で始まる。
相「テレビだからしゃべろう!!」と2人に。
ニノ「見せてやれ嵐のおじさんチーム!
翔「おい! お兄さんチームだろ、どう考えても!! 智くんいくつだっけ?」
智「27(才)じゃ!」
翔「26(才)…まもなく30才だな」
智「よろしく!」
嵐のおじさんチームスタート!
翔ちゃん、かなり低い時点でグリップを要求。顔が苦しそうだ。
もたついた感はあったがグリップもミス無くキャッチ、ギリギリセーフでクリア。

後攻は山ちゃんがクライマーで、静ちゃんがサポーター。
翔ちゃんの見てて、大変だと思ったらしく結構引いていた。
スタート!山ちゃんなりに頑張ってるが、静ちゃんが1個目のグリップをミス。
次のは成功、がグリップを指す方向が定まらずパニックしてるし、時間はないしで、タイムアップ。
翔「山ちゃん!そこでウイニングフライ見せてくれよ!」
山「だって勝ってないんですよ!」と言いつつも飛ばされる羽目に。
が、足がグリップに引っかかり一瞬危ない目に。その後飛んだけどね。

★ローリングコインタワー
久々に優勢なので嵐はご機嫌!
ゲストが決めた対戦相手2人は、「私が二股かけてる人にします」という事で、
今カレ?、と元カレ?対決って事で相葉ちゃんと潤君が選ばれた。
ガッチリ握手!(ははは)
潤「僕らは3人チームみたいなものですから」(しずちゃん、元カレ、今カレ)
山「ちょっと待って!」
相「ここで、 仕掛けて(潤)、なお仕掛けて(静)、仕掛けて(相)、ドン!(山)みたいな事でしょ」
山「そんな事ないよね、静ちゃん勝たなきゃね」
静「そっか!」
山「そっか!じゃないよ!」
ニノ「やってみよう!」
スタート*静⇒相⇒山⇒潤の順。1週目、2週目で潤君が24枚目を乗せて静ちゃんの番になった時に崩れた。
判定は最後に触った潤君までで潤君アウト。
潤「マジで!?」と納得がいかない様子。翔、智、ニノは肩を組んで嘆きあってるし。
潤「これさ、範囲の話じゃないの?」と一人パニクる。
倒れる直前に手を触れた人がアウトって事でトータル530対460で完敗。
5連敗ですわ~~。

潤「これさ、オレらのレギュラーだよね!?」
ニノ「1回オレらをゲストにしてもらおう」
翔「全然勝てね~よ」と不貞腐れ。

勝者への賞品は山ちゃんが『防水TV&ミュージックプレイヤー』ニノ、またまた叩いてる。
山「おいチョット!」
相葉ちゃんまでもちょっかい、山「持って帰ろうとしたろ!」山ちゃんイジリ。
静ちゃんは『電子ピアノ』だった。とても喜んでた。
感想も勝って賞品ゲットで嬉しかったようで、静ちゃんは「こんなオトコたちに囲まれて…」違う意味で喜んでた。

★MOST DAME ARASHI
5連敗の反省会、今日は誰なんだろうっで悩む嵐メン。
ニノ「伊藤さん、チョット待って」と真ん中に集まる。
山「どんだけ落ちたくないんですか!」
ニノ「もうわかんないからジャンケンしよう」
山「システム根底から覆しちゃったよ!」
ニノ「山ちゃん、誰がいいですか?」
相「山ちゃんやる!?」
山「なんでよ! 意味わかんねぇ!」しかし、急遽参加することに!
そして嵐メンの中に「あっ、でもなんかウソでも嵐に入ったみたいだ!」と満更ではなさそう。
ニノ「山ちゃん!」眼鏡を外せと合図する。
山「ほら落とす気満々じゃないか」
指差してダメ嵐を決定!
潤君は山ちゃん、その他は全員潤君だった。
潤「結局俺なんだよね」と、落ちたのは潤君でした。3回目だよ。
参加して落ちなかった山ちゃんの立場が……。あは。

08051400

| | コメント (0) | トラックバック (3)

食わず嫌い王決定戦・潤君と真央ちゃん対決

潤君、1時間スペシャル枠だったのね~~。

浅田真央ちゃんは貴さんチーム、潤君は憲さんチームだった。
(欲を言えば対戦相手がイマイチだった。あ、真央ちゃんゴメンなさい)
嵐はニノ、翔ちゃんと負けてるのでここで負けたら3連敗。

●浅田真央メニュー
 タラコのクリームスパゲティ
 ライチ
 フグの白子焼き
 シナモンロール

●松本潤メニュー
 馬刺し
 ゴルゴンゾーラのパスタ
 バッテラ
 クリームぜんざい


スペシャルなので、貴さん、娘3人を連れてきちゃったらしい(ベッカム以来なんだって)
貴「とにかく今日は罰ゲームで踊りたくないと!」
潤「それは、踊りたくないですよ!」
貴「(真央ちゃんに)過去二人、敗れ去ってますから」
憲「真央ちゃんも負けたら、いくら世界チャンピオンでも罰ゲームは…」
貴「素足でトリプルアクセルですか? それは無理でしょう!」
憲「負けたらです。勝てばいいんです」
真「頑張って勝ちます」
―真央ちゃんのCD(スケーティングミュージック)告知―
貴「じゃあ、この共演をきっかけにね、来年のフリーの曲は嵐の曲をね?」
潤「嵐、やってくれますか? 歌入ってますけど大丈夫ですか?」
真「ボーカルはダメなんですよ、試合は。エキシビジョンは大丈夫です」
潤「でも一応、カラオケバージョンもありますけど」
―潤君の出演映画『隠し砦の三悪人』の告知―

●お土産
潤君:お気に入りのマンゴー(宮崎さんの完熟マンゴー)
貴「1個、ツェーマン!」(爆)
試食用には既に用意されていたので、持ってきたマンゴーは箱ごと真央ちゃんに渡す潤君。
真「ありがとうございます!」
貴「ツェーマン! 業界用語でツェーマンって言うんですよ、1万円の事」
真「ほおー!」
貴「覚えて帰ってください、業界ってツェーマンって言うらしいわよ~」
憲「ねぇ、コーチ、コーチ!ツェーマン貸して!!」
マンゴーを試食。
真「甘いです、美味しい」
貴「これで酸っぱかったらビックリだよね!」
憲さん、あっという間に完食!「ご馳走様でした」
潤「早っ!」
真央ちゃん:愛知「御菓子司 福岡屋」のいちご大福(中は白あん)
貴さんはいちご大福が苦手らしい。
貴「松本君、甘いものは?」と勧める。
潤「(間をおいて)そうっスね…、比較的好きですから」
貴「お酒派?」
潤「どっちもイケます」
いちご大福を試食。
潤「美味しいです」
貴さん苦手な物なので恐々食べる、「おいしいね」と、これは大丈夫らしい。
貴「1箱10個入り、ツェーセンナインヒャク!」
憲「1900円って事なんですけど…」

貴「対決行きますよぉ、過去は二宮君惨敗、櫻井君惨敗として今日3人目でキレイに並んでA・RA・SHI歌って貰おうと思ってますからね」
潤「いや、今日はホントに負けないために来ました」
貴「でも、マネージャーさんにさっき、一応あれだから i Podで持って来ておいて音」
憲「じゃあ準備は出来てるんだ?」
潤「一応、ズレるとアレなんで」

●潤君―+1品は馬刺し
貴さんにどんなお酒が好きかと聞かれ、「洋酒が好きですね、ワインとかシャンパンとかが一番好きですかね」
貴「馬刺しは一体どんな時に?」
潤「馬刺しは『隠し砦の三悪人』の映画で熊本に行ったんですよ、でそこで本格的な馬刺し料理店みたいな所に行って馬刺しを食べたのがきっかけです」
潤「(にこやかに)美味しゅうございます」
貴「そん時は何? 焼酎かなんかで?」
潤「僕、焼酎飲まないんですよね」
貴「あ、じゃあそん時もシャンパンか…」
潤「そん時はビールを飲んでました」
貴「阿部ちゃんなんかと一緒に?」
潤「そん時は阿部さんはいらっしゃらなかったですけど、でもよく撮影中は阿部さんと宮川さんと3人で食事行って色んな話させてもらいましたね」
憲さんにどんな話をしてたのか聞かれ、「芝居の事とかで悩んだ時とかに良く阿部さんとかに相談させてもらってたんですけど、『それは松本、それはさぁ、』って言って色々言っていただきました、アドバイスを」
貴「阿部ちゃんデカイからね」  潤「えっ?」
貴「デカイから迫力(リキ)があるわけですよ、酒飲んでても」
憲さんに芝居のどんなポイントで悩んでるかを聞かれ「時代劇、僕初めてだったんですよ、黒沢監督が50年前にやられた作品でもありますし、結構、序盤プレッシャーと戦いながらやってた所があったんで、時代劇ってこういうやり方でいいんですかね?とか例えば時代劇ってどういう風にやると時代劇らしくなるんですか?とか、そういう事含めて色んな話を…」
貴「阿部ちゃんは何て?」
潤「『でも、今やっている事で俺はいいと思うよ』みたいな事を言って下さって
ちょっと僕は嬉しかったですね」
(真面目な潤君の性格が出てましたね~~)
真央ちゃんにも話を振って、今度は真央ちゃんのスケートの話に。
ようやく、『食わず嫌い』の方に戻って、貴「もう一切れぐらい」と…。
貴「問題ないですね」と。

真央ちゃん高3。潤君高2の時は嵐2年目だったという。
貴「アラシ、アラシ、オーイエー♪からもう…」
潤「『for dream』です!
貴「メンバー全員に突っ込まれてるんだけどね」

●真央ちゃん1品目―+タラコのクリームスパゲティ
普通に食べてます。
潤「明太子じゃなくてタラコなんですね?」
真「そうですね、まぁ、どっちでも好きです」
このあと、憲さん真央ちゃんに質問するけど、訳ワカメ~~。
貴さん、真央ちゃんが「潤君の質問にはちゃんと答えてるのに、憲さんの質問に適当に答えてる」と指摘したら、
憲「だとしたら真央ちゃん、結構俺に失礼だね!」って。
貴さん、真央ちゃんにも『ゲッティー』を使うが、まだ浸透してなかった。
潤君も「聴いた事ないです」と。
真央ちゃんが優勝した日は眠れないと言う話のくだりで憲さんが潤君に振る。
潤君はコンサートの後の事を例に上げていた「僕は基本的にビデオ見てる事が多いですね、その日の(コンサートの)」(真面目だ!)

●潤君2品目―+ゴルゴンゾーラのパスタ
ドラマでイタリア料理人『バンビーノ』をやった時に教えてもらったメニューだと。
で、自ら作れると言ったので、貴さん「大丈夫だこれ!」と。いいつつ凝視され。
作り方のポイントを聞かれ、それに答える潤君。
(作った事ないから聞いてても合ってるかどうかは分からなかったなぁ)
貴「一人で作ったらあれじゃない? 余っちゃうんじゃない?沢山」
潤「余りますね」
貴「誰か一緒に食べるような女の子いないの? 作ったから来いよ!とかいう」
潤「まぁそれは無いですね!」
貴「ゲッティー出来るぞ(電話かけてる風に)」(爆)
女の子の為にわざわざ作った経験は無いと言ったら。貴さん「もったいない」と。
貴「(真央ちゃんに)食べてみたいよね? 呼ばれたら」
真「(笑って)うん」と、貴「適当な返事を…」
スケート一途の真央ちゃんには、そんなのはまだ早いらしい。
潤君は理想のタイプなんか聞かれちゃってるし、「僕タイプって無いんですよね、尊敬できる人っていうのがいいですけど」
貴「例えばヘレン・ケラーとか樋口一葉とか伝記になるような?」
潤「いや、そこまでじゃなくて、もっと些細な事でいいですけど」
憲「(貴さんが)なんかうるさい!」
潤「格好いい人好きですね」
失敗した後も滑ってた真央ちゃんの精神力を潤君は褒めてました。

●真央ちゃんの2品目―+シナモンロール
アメリカでよく食べてたと言う話をする。
すんなり、潤君「大丈夫です」と次に。

●潤君の3品目―+バッテラ
小学生の頃野球をやってたと言う話。その頃は野球選手に憧れてた。
貴「それだけ野球好きがなぜジャニーズ事務所に?」
潤君の姉がkinkiのファンで良くビデオとか見てたと言う。
潤「自分で(履歴書)送ったら運良く入れた」
貴「自分で送ったの?」
貴「ジャニーズ事務所からYOU来てよ!とかいう手紙が来るわけ?」
潤「YOU来てよ!っていう電話が来ました」
貴「電話が? 直接」
潤「リハーサルあるから、もし良かったら来ちゃいなよ! レッスンしちゃいなよ
貴「いたずら電話だとは思わなかったの?」
潤「イタズラかなと思って僕の父に代わったんですよ。で、父が喋ってどうやらこれは本当だと思ったらしく」
貴「お父さん息子来ちゃいなよ!と」
憲「お父さんも来ちゃいなよ!」で、初日は父上と行ったそうだ。
5大ドームツアーの話を織り交ぜながらバッテラを食す潤君。
貴「(真央ちゃんに)名古屋招待してもらえばいいじゃん?」
真「ははは」(過去にTOKIOのコンサートは言った事があるらしい。太一君繋がり)
潤「もし、お時間あれば」とお誘い。
貴「アラシ、アラシ、オーイエ~~~」
潤「貴さん、for dreamです」
貴「行きたいんでしょ?」 真「あ、いいんですか?」
潤「お時間があれば」
真「ははは」
潤「無理には、全然あれなんで、気が向いたら」

●真央ちゃんの3品目―+フグの白子焼き
スケートを始めるきっかけの話で盛り上がる。
高校生で白子好き? 将来酒飲み??
潤君も「そうですね、俺多分17才の頃、白子食べた事無かったと思いますね」
憲「親だとしたらメニューから消しますよね」
もうひと口と言われ、再び。
潤「コレわかんないですね~~」と潤君、混乱してる。

●潤君の4品目―+クリームぜんざい
潤君はお酒飲みながら甘いものも食べれる口。
嵐メンも比較的甘いもん好き。
貴「全員お酒もいけるの?」
潤「お酒飲めますね、全員、二宮が最近まで全然飲まなかったんですけど、」
最近飲むようになったみたいで」
貴「真央ちゃんどぉ~?」
真「わかんないですね~」
貴「嵐ねぇ、二人とも連敗してるからね、多分ドキドキしてると思うんだ」

●真央ちゃんの4品目―+ライチ
ライチの皮を剥きながら、アメリカと、日本での生活の話をしてる。
モグモグ食べてる。
憲「何か聞く事があれば」
潤「はい、大丈夫だと思います(トーン低し)、どれか分かんないですよ、僕」

潤君、今日再び食べてみて、嫌いなものは「やっぱりダメでしたね」と。
貴「(♪A・RA・SHI)3人目だね~、じゃあ」

●筆入れ
真央ちゃんの直感で決めたみたい。
貴さん、真央ちゃんと話してる間、潤君、憲さんのああだ、こうだと話してる声が入ってきてる。2ヶ国語放送みたいだったね。

●披露
真央ちゃんが書いたのは、ゴルゴンゾーラのパスタ
真「この黒いのが(ゴルゴンゾーラ)、ダメなのかなぁって」

潤君が書いたのがタラコのクリームスパゲティ
潤「お皿の手前にタラコの固まりがあったんですけど、それを敢えて食べずにすっと、そのタラコが残ってた」

●実食
真「(にこやかに)美味しいです!」
潤「…参りました

憲「やられるねぇ~~~ 1発でやられたねぇ」
潤「ウワァ~俺超恥ずかしい~!

憲「いいねぇ~、あっ!いいねぇじゃないゴメン…」
潤「憲さん!」

ゴルゴンゾーラのチーズそのものが嫌いらしい。
潤「(当てられてしまった時)マジで!?と思いましたもん」

真央ちゃんの嫌いなものはシナモンロールだった。

貴「あと2人!嵐、あと2人よ!」(相葉ちゃん&智君の写真が出る)
潤「俺(嵐のメンバーで)1人だけ揃わないで4人でやってもらいたかったんですけど…」

●罰ゲーム
暗闇にピンでスポットライト浴びて、「1発で見抜かれてしまいました。という事で罰ゲームやらせて頂きます。1999年に僕らがデビュー曲として歌っていた嵐のA・RA・SHIです

やった~、3人でのワイプ・A・RA・SHI♪トーンが3人とも低いねぇ。
でも、編集上手だわ。そこに3人がいるみたい。

貴「何ででしょうね? もう3人目ですけど全員いつも同じトーンですね」
潤「僕、このオンエア見ないです。多分
真央ちゃんが負けてたらエド・はるみさんの真似だったらしい。

嵐、こうなったら5人とも負けちゃえ!

0805080

| | コメント (0) | トラックバック (2)

VS嵐*5 山田優&滝沢沙織*優ちゃんとプロミス!!

3連敗中の嵐、今回は負けられない!という事で、対戦相手は女性二人組。

山田優さんと滝沢沙織さん

翔「二人、運動神経良さそうですよね」
潤「なんだけどさぁ、格好を見るとすごい対照的だよね」
優「私、これちょっと気まずいですよね」(かなり気合の入ってる格好)
翔「ハリキリ過ぎちゃいましたね」
潤「俺ら以上に気合が入ってる感じが」
優「いや、私は勝つ為に今日は来ましたからね、だって3連敗ですよね?」
翔「ちょっと、それ言わないで!」
優「3連敗なんで女2人でも勝てるかなと」
潤「かなり俺ら、ナメられてるな」

ファオーリングパイプ★落ちてくる2本のパイプを瞬時に取るゲーム
ゲストチーム先攻、優さんがキャッチで、智君がチョイス。
台の上でどんな感じかシュミレーションしてる優さん。
潤君のアドバイスに「こう行けばいいんじゃない」とやってみる。
翔「あ~~、それオレと同じ発想だよ」
優「(つい)ヤダ~!!」と言って慌てて口を手で覆った。
翔「ヤダーじゃねーだろ!!」メンバーがなだめに集まる。「山田! 山田!!」と叫んでる。
智君は2、4とチョイス。
伊・アナ「…落とすタイミングはリーダーの自由です」との説明に。
優「ハイ!」と何故か答える。
ニノ「リーダーじゃないでしょ、あなた! あなた山田さん!!」(もしかして天然さん?)
スタート:智「優さんは、足の人差し指が親指よりも遥かに長いってのは…」
優「誰、そんな事言ったの!」と上の方を見ながら叫んでる。
智「それは本当ですか?」とここでパイプを落とした。
優「ハイ。本当です」と言いながらダブルキャッチー!で40点。
ニノ「女性の方でダブルキャッチする人って初めてじゃないですか?」
嵐メン「凄い、凄い」と褒めている。

後攻は嵐・相葉ちゃんがキャッチで、沙織さんがチョイス。
相葉ちゃん台の上で「何処がいい?」と立ち位置を悩んでると、
ニノ「相葉さん何処がいいの?」
相「やっぱ、全部見える方がイイと」とんでもないトコに立つ。
ニノ「おまえそこだったら確実に1いけないだろ」とダメ出し(爆)
翔「相葉さん前回マトリックスキャッチしてるんですよ」
相「こっちね」(上体を反らしてみる)
潤「だから、こう行くと(マトリックス)時間かかるから、下から行ってください」
ニノ「あれ(マトリックス)禁止です」
沙織さん、2、4をチョイス。
スタート:沙「相葉さん今おいくつですか?」
相「僕ですか? 今25です」
沙「最近まで、なんか年齢を…」パイプ落下。
相葉ちゃん、1本のパイプに拝むようにしがみ付いてる。10点。
沙「最近まで年齢を知らなかったんですよね?」
相「知らなかったんじゃなくて、オレ最近まで24(才)だと思ってたんです
沙「24だと思ってたんだ」
相「自分の事、で、テレビで言いそうになって、これ年齢詐欺でしょ!?言ったら…(言った後に間違いに気付いて)詐称! 詐称!!」
ニノ「相葉さん辛うじて10点。ま、チームとしてはうれしいですけど、男としてはホントに情けない」(ニノちゃん厳しいのぉ)でも、Oよりはとフォローつき。

2回目のキャッチは沙織さん、チョイスは「僕が行きます!」と元気良くニノ。
翔「滝沢さん、身長いくつあるんですか?」
沙「176cmです」 客席、どよめく。
翔「すぐここでピッと捕れるじゃないですか」
チョイスの時「おわ、あ~コワ!」と何故か大声で言う。
ニノ「は~い、決めましたよ」と1、4をチョイス。
スタート:ニノ「滝沢さん、なんかオムレツが凄い美味しいと思って作ったら、クソ不味かったというのを聞いたんですけど」
沙「不味くないですよ」
ニノ「それは料理が基本的に自分は下手だと思ってんですか?」ここで落下。
ダブルキャッチして片方の手が何故かパイプの穴に…(有り得ね~)
翔「大丈夫かぁ~~~」手を引き上げて得た得点は、残念ながら左手は得点なしで穴に埋まってた方の得点は30点だった。
左手の0ポイントの判定に客席からも「え~~」の声に、
ニノ「勝ちたいんだよ!オレたちは!!」と。
翔「あそこ手入るんだね」
智「諦めないと入っていけるんだね」
潤「オレらも、あれぐらいやんないと勝てないよね!」

2回目のキャッチは「ここ行かないとマズイよね」と嵐メン。
そこで何故か「じゃあオレだな! じゃあオレだ!と翔ちゃん。
ニノ「でも皆さん、空気がお前なの?って…」
相「ここいかないとマズイっすよ」
潤「これ取んないと、もうヤバイ」
翔「だから、困ったときの櫻井君でしょ!?」って事で翔ちゃん。
チョイスは優さん。
台の上で「ヤマ張るか!」と。
ニノ「今言わない方がいいっすよ、まだ押してないから」
優「(ヤマを)何処に張ります?」
翔「そうですね~。わかった約束しよう! 1、3しか狙いません」
客席「え~~~~!」
にの「こんなにえ~~!って言われる…」
翔ちゃん、小指を立ててアピール。
ニノ「これナンですか!?」と真似して小指を立てる。
優「プロミス的な?」
翔「約束しよう」
相「絶対取るよ、他の所も」
ニノ「だって2狙ってるもん!」
「櫻井翔は、男なんで約束を守ってくれると思うので」優さんが選んだパイプは3、4だ。
ニノ「逆に、これで守ってくれないと好感度下がっちゃうもんね」
翔「好感度? これで決まるの?」
スタート:優「櫻井さん、只今寝起きだそうで」
翔「寝起き、寝起き」
優「寝起きだから、余り動きは早くないと思うんですよね」落下。
約束どおり1、3に手を伸ばした。がキャッチしたのは1本で10点。
約束は守ったので小指立ててる。
ニノの文句に「ちょっと待ってよ、ちょっと待ってよ! ちょっと待ってって…俺の前につかんだのダレだっけ?」
潤「相葉君です」
翔「あなたいくつ?」
相「オレは10(pts)です」
翔「10でしょ?」
相「10ですけど何か!? だってねぇ、プロミス100ptsって言ったでしょ?」
翔「ちょっと待って、プロミス100ptsにしてねーぞ!」
翔「オレは山田優ちゃんとプロミスしたんだ!!

クリフクライム★岩登りのようなゲーム
先攻は嵐チーム。
指輪を預け、行く気満々の潤君がクライマー。
「サポーターは俺が行きます」と相葉ちゃん。
相「ちょっとじゃあオレも脱いで」と上着を脱ぐ。客席「オ~~~」
潤「オレ脱いでねーけど!!」
翔「こいつのパーカー熱いんだけど!!」
ニノ「作戦はどうしましょう?」
相「作戦Aで行きますか」
潤「こっちから行って…」と作戦を説明してる。
相「じゃあ、Bで」と訳ワカメ。 翔「お前なんだよ!それ」
潤「Bって何ですか?」とキョトン。
相「OKです! OKです!」
潤「ゴメン! 代わってもらっていいかな?
相「もう脱いじゃったんでゴメンナサイ」
スタート:潤君、出だし好調。届かないトコは足でいっちゃった。
グリップパスもミス無く息が合ってるし。最後の方は、
相「もう1本行こうか? せっかくだから、せっかくだからもう1本行く?」
そんな相葉ちゃんの声を無視して余裕のクリア。
翔「なんか、相葉さん、後半役に立ってなかった感じがありますけど」
相「違うよ、せっかくだから行こうと言ってるのにいいって…言うんだもん」とふくれてる。

今度はゲストチーム。気合の入ってる優さんがクライマー。
女性チームなので、100ポイントがある。
優さんも真似して足でポイントゲット。足の長さで結構次々とゲット出来ちゃう。
グリップパスもミスなし。軽々クリアされちゃったよ。
相「最後洒落てましたね。50点、足でポンっ押して」

ここで合計ポイントが嵐270 ゲスト420だって。その差150点!
潤「150って取り返せるの?」
ニノ「ちょっと待って、空気が負けてる!」(笑)

ローリングコインタワー★回るテーブルにコインを積み重ねていくゲーム
ゲストが嵐の中から対戦相手を選ぶ。
沙「まだ大野さんがね、あんま見てない感じなんで……」
潤「また言われてるぞ!」
ニノ「大野さん。30分くらいたってるよ!」
沙「もうちょっといいトコ見たい
智「じゃあ、僕行きます」
優「そしたら二宮さんもじゃない?」
沙「あ~ちょっと、さっきやられたからね」(手が穴に入っちゃった事)
ニノ「あれ自分でやったんでしょ?」
ニノ&智君、ガッチリ握手。
優さんからスタート⇒ニノ⇒沙織さん⇒智、タワーがかなり高くなって来た。
届くのかよ~って所まで来た所で智君でアウト。
トータルは嵐600、ゲスト770でゲスト勝利!
優勝したチームの商品は沙織さんが最新のゴルフクラブ、優さんがamadana製電子レンジ。ニノ、レンジをバンバン叩く。
優「ちょっと!そういうのやめて下さい!」
沙織さん、ゴルフの練習始めてるし、
ニノ「おーい!もう始めないで、自分のもんだけど」

ゲストの感想:余裕だったんで逆に申し訳なかったと思って。
翔「反論の余地が無い」
相「今回勝てる為に女性二人入れたんでしょ」
翔「正直そうですよ」
潤「オレら今日30分イイとこ無いぞ」

★MOST DAME ARASHI★
伊「4連敗です」
一同凹み気味なコメント。
優&沙「暗い!!
潤「ナゼこんな空気になったんですか今日?」
ニノ「頭からやってみましょう」
潤「一番最初は?」
ニノ「拝みアタック(相葉ちゃん)の人が
翔「こうやって、10点取ったから」
潤「まず、それがあったでしょ」
相「はい、ありましたね」
潤「相葉さん、それだけ? 今日」
相「その後に松潤にいいパス出してたじゃん!」
潤「まぁ、そういう意味で言うとトントンだよね」
翔「で、次に俺が行ってキャッチして」
ニノ「あれでしょ? 優ちゃんとプロミスしたからね」翔ちゃん再び小指立てる。
相「プロミスしなければ、二つ取れたかもしれないよね」
翔「そういう捉え方あるけど、でもプロミスによってね僕の好感度が担保されるっていう」
相「それ関係ないよね、ゲームには」
潤「じゃあ、好感度と今日の勝敗どっち取るんですか?」
翔「それはやっぱり…」
メンバー翔ちゃんの元へにじりよる。
翔「僕はとにかく約束だけは守ろうと!!」(爆)
そして、リーダー。
潤「運が悪かったという取り方もあるよね」
相「身長ってどうしようもないからね」
ニノ「だから、台を用意しておけば良かったっていう説もあります」
翔「相葉君が横で言ってたよね、リーダー抱えようか、抱えようかってしたよね」
智「いや、待って! もしアレをやったら多分オレは崩していると思う! ちょっと惑わさせたオレを
相「ちょっと待って! 俺自分を信じていいんだね」
決断の時、翔ちゃん最後のプロミス! 小指振ってます。
ダメ嵐は多数決で相葉ちゃんでした。(智君は自分、相葉ちゃんは智君、他嵐メンは相葉ちゃん)

相葉ちゃん落下

反省のひと言*おかしいだろーがぁあっ

08051073

| | コメント (0) | トラックバック (3)

嵐の宿題くん★西川史子さんの回

翔「今週は単純明快ですよ」
箱には≪美人!≫≪医者?≫と書かれている。
オグ「美人のお医者さん?」
翔「お医者さんかどうか分かんないし」
ニノ「ハテナ付いてるもんね」
相「医者じゃないんじゃない?」
ニノ「医者気味みたいな感じ」
相「どれ位美人なんですか?」
翔「どれ位美人って、僕に聞いてます?」
相「はい。知ってますよね(箱の中のゲストを)櫻井さんは、ねぇ」
ニノ「でも、相当なわけですよね?」
翔「まぁ、ビックリマークが付く位ですから」
オグ「テレビに出てて美人でお医者さんって言ったら、そんなにいないじゃないですか」
翔「あ、さすが、TV通」

箱の中から出てきたのは西川史子さん。
翔「確認させて下さい。お医者さんってことで、とりあえずそういう体(てい)でよろしいですか?
西「体(てい)じゃないです!」と否定。
翔「体じゃないですか?」
西「医者です」
翔「今日は実はですね、ご覧下さい。(診察室風小道具が用意されてる)ちょっと先生に診察してもらおうと、それで本当にお医者さんなのかというね。まぁ、疑うのも失礼ですけど」
西「失礼ですよ!」
翔「いや、失礼でしょうね」
オグ「あのね、でも普通お医者さんは、こんな金色の聴診器持ってないと思うよ」
西「これは特注なんですよ」
翔「実際使ってるんですか?」
西「うん、シルバーじゃないですか? 普通は。それが金で私にピッタリじゃないですか!」
なんと5万円もするらしい(普通は1万円しないらしい)
そんな展開で相葉ちゃんが患者になって診察を受ける事に。
相「スイマセン、ちょっと風邪っぽいんですよね、ちょっと節々が」
西「節々が痛い?」
相「痛いッすね、骨の節々が」
西「風邪じゃないんじゃないですか?」
相「風邪じゃないですか?」
西「胸が痛いとか無いですか?」
相「無いです無いです」
西「咳がするとか?」
相「咳? まぁ、ちょっとですかね~!」
西「じゃあ、別に家で休んでれば良いんじゃないですか?」
相「(立ち上がり)こんな医者ありますか! こんな医者」と怒る。
西「とりあえず聞いてみましょう」と聴診器を耳に、相葉ちゃん、洋服を捲り上げ、胸を出す、観客「きゃ~~!」と聴診器を当ててる所がアップになったトコでタイトルが出てしまって、キュン。この間流れてたBGMがエロかった(笑)

翔「先生は実際に病院に行くっていうのはどれくらいの頻度であるんですか?」
西「頻度って何か失礼ですね、また」
翔「なんで?」
西「主が医者なんで、趣味なんですよ、TVに出るのは」
翔「これ今、趣味?」
西「趣味です」
本業が医者で、TVでのお仕事は趣味らしい。
翔「じゃあ、TVを見てて西川先生のファンだという男性の方が来たりとか…」
西「ああ…、元々私ファンが多いんですよ、テレビに出る前から」(○×※△)
ニノ「聞いてみよう、聞いてみよう。とりあえず聞いてみよう」
西「元々、私みたいな先生がイイって、いらっしゃる方が多かったんですよ」
相「それは病気じゃないのに?」
西「はい」
ニノ「それは、会いたい為に?」
オグ「でもさ、これだけの先生居ないだろ? ミス日本フォトジェニックだぜ。そういう人がお医者さんをやってるって見た事ある?」
翔「いやぁ、ないっすよね」
オグ「俺だって、そばにあったら毎日行くよ」
西「来て下さい。お金持ち、大歓迎です

★ゲストから視聴者への宿題―★おいしい限定メニュー・提出133通
西「限定大好きですね、『あなただけ』とかいうのが大好きですね。『選ばれた感』があるじゃないですか、こちら側を」
で、ラーメン屋さんはひと口で飽きちゃうんだって(○×※△)
こんな西川先生に翔ちゃん「ごはん楽しいですか?」と素朴な疑問。
潤君が担当するらしく料理を運んできた。
「ちょっと聞いて、この音」と潤君胸元のマイクを箱に押し付け聞かせようとした。
翔「ビックリした。乳首押しつけるのかと」(爆)
箱の中からはジュ~ジュ~と音が。1日30食限定の料理が登場。
◆東京都中央区『牛庵』和風ハンバーグ
神戸牛のほほ肉100%の超贅沢ハンバーグ。
翔「おいくら万円ですか?」
潤「こちらはですね、なんと990円」(意外にリーズナブル)
相「ちょっと形がいびつな」
ニノ「今のコメントいらないだろ」と番組進行中でもダメ出し入りま~す。
まずは何にもつけずに食べてみる。
西「おいし~~!」とテンション上がる。
西「すごい上品ですね。肉の旨みがすごく入ってきますよ」
翔「コメント うめぇ」
次はカツオだしと醤油の特製タレで食べる「合う!」と満足そう。
西「でも、もういいかな…」(飽きちゃいました)一同唖然~~。
みんなも食べようと仕切る相葉ちゃんみ、オグさんが「相葉ちゃん、がっつかない、がっつかない」と優しく注意してる。
みんなで試食。みんな美味しそうにしてる。
オグ「マツジュンはいかないの?」
潤「みんなが食べてくれればそれで」と大人な振る舞い。
翔「残っちゃもったいない」と指差す。
潤「じゃあ」と手を出そうとしてる傍から相葉ちゃんの箸がハンバーグへ。
潤「がっつくなよ! そんなに」かなりキレてます。
相「テレビ中に本気で怒る…」ちょっとビビッてた。
そんな潤君も美味しいハンバーグには「うまい」とにこやかに。

次は1日10食限定・超人気スイーツ
◆東京都目黒区『みどりえ』黒ゴマいちじくタルト
黒ゴマと赤ワインで煮込んだいちじくのタルト。真っ黒です。
そのタルトを切り分ける潤君。
西「手が綺麗ですね、外科医にも向いてますよ」
潤「すごい僕、不器用なんですよ、手」
西「じゃあ、向いてないですね」
ニノ「タルト全体が動いてますね」(切りづらいタルトのようだ)
断面図はいちじくの実の境目が見えない程びっしり。
和風テイストで、自然の甘みがGoodなタルト。
オグ「(いきなり)浣腸にもなるし」【いちじく浣腸】
翔「形がそうなだけじゃないんですか?」
西「え? そうなの? 液、関係ないんですか?」(おいおい)
オグ「関係ないですよ」
潤「あれ? お医者さんですよね?

最後は1日1食限定
◆神奈川県横浜市『招福門』豪華フカヒレラーメン(要予約)4万6200円だって。
潤「すいません。これインサート(商品の撮影)これしかないので撮らせて下さい」
この日はこの1食で終了なのだそうだ。
麺の代わりにフカヒレという贅沢品なのだ。
翔「すいません。インサートの方…」と言いながらフカヒレ麺のアップを撮影。
その後、翔ちゃんはその麺を自分の口元へ。
ゲストより先に食べちゃった。ブーイングの嵐。
4万なんてラーメンに払えないような話してたらオグさん「何を言ってるんですか、天下の嵐が」って。
フカヒレラーメンのお味は、西「優しいお味です。品がありますね。あ、でもこれ分かんないだろうな嵐には」と。
再びブーイングの嵐。そこで智君がお味見【嵐一わかる男
西「春雨でいいんじゃない」(ひどいなぁ)
智「うめぇ」(いつものだ)

★昨日の夜何してた?★
実際は食事会をしてたそうだ。
西「合コン」と言ったら一同ウケてた。
ニノ「相手は何だったんですか?」
西「相手はお金持ちです」(医者・IT企業)
ニノ「先生が言うお金持ちってどれくらいがお金持ちなんですか?」
西「(年収)4000万円以上って私はいつも言ってるんですけど、その以下は居なかったですね」
智「何、話すんですか?」
西「何を話す? 世間話ですよ」(終了)「おかしくないよ」と、慰めるニノ。
視聴者からのイメージは自分で自分の整形手術をしていただった。
相「やろうと思えば出来るんですか?」の質問から、自分で傷を縫った話をした。
自分のパックリ開いた膝を8針縫った話。すごい話だけど痛々しかった。
潤「こういう事ですか?」と膝を縫う仕草をする。
ニノ「それだったら、普通におふくろが雑巾縫うのと一緒
怖いものはないらしい。

智「コンプレックスってないんですか?」の質問から西川さんは勉強以外やらなくてもイイようなこと言われて育ったとを話し出した。
ちょっと凡人には考えられない西川家の教育方針だった。
美術、音楽、体育は手抜きしてたらしい。そこで1限目は美術。
嵐一絵の上手な智君と下手な翔君も参加。
★お題はバッタ
智君は特徴掴んでます。翔ちゃんはキャラクターの顔みたい。悲鳴が起こる(番組初)西川さんは「あ~~」と違った反応。
翔「これはバッタじゃねぇだろう」と自分の差置いて人の絵をけなす。
相「翔ちゃんのそのシャワーみたいなの何なの?」
翔「羽、これ今、飛んでるんだよ…あ~絵心ねぇなぁ」(誰に言っとるんじゃい)
★次はサイ…これは難題。
相「乗った、ソレ」(爆)
翔ちゃん自分の絵で大爆笑。
潤「いるよね、自分の絵が下手くそ過ぎて笑う人」
智君、珍しく描き切れてナイ。観客からも「え~!」って。
西川画伯はなんちゅうのでしょう。○×※△、角が山羊化してるし。
翔ちゃんは正体不明の物体X化してた。
角の位置は合ってるんだけど伝わらない感じ。
翔・西「ほら、合ってるじゃん」(ぷっすまみたいなやりとり)
ニノ「(このやりとり見て)何で絵が下手な人は決まってポジティブなんだろう

3限目は体育
ジャージに着替えさせられてちょっとご機嫌ナナメ。
先ずはスキップ
潤君、楽しそうにスキップのお手本。
西川さんもやってみると、まぁ出来てると思ったら途中からリズム狂ってグダグダに。
ニノ「見してあげて」と相葉ちゃんに振る。
相葉ちゃんのアイドルスキップ、爽やかに。
相「来いよ!」とカメラに向かって手を振る(何だ、これ)
西川さんも真似て手を振りながらスキップ。が翔ちゃんに「なんか硬い!」と。
潤「もっと前にこう進めないいんですか? こうやって」とやってみる。
西「あっ自然」
再度やるが、前よりおかしくなってる。
次はドリブル。BGMが♪山寺の和尚さんが~♪だった(笑)
続いてドリブルシュート。相葉ちゃんがお手本にやったんだけど、お見事。
西川さん、1回目外す。コツを掴んだのか直ぐに2回目似挑戦した。
しかし、翔「進まないっすねぇ」今度はゴールを決めた。
西「あ~疲れた」
疲れたのは嵐の方ですよ~西川センセ。

が優等生の宿題

080505710

| | コメント (0) | トラックバック (3)

学校へ行こう!MAXの嵐のドッキリ(今更だけど)

2週間前の回なんですが、他にネタが無いので。

ひみつのアラシちゃんのおかげで実現したV6番組とのコラボ♪

V6は坂本&三宅コンビ。
坂本君から嵐が新番組でTBSに来てる事を三宅君に告げる。
健「あ~アラシちゃん!」
で、女装メンバーと対面してもらう企画を話すと
健「だからコソコソしてんだ!」

まずはニノから。
楽屋には隠しカメラ。それを覗く二人。
ニノはやっぱりゲームに夢中。
健「DSやってんの?
坂「そんな真剣な顔してやる事じゃないだろ!」
健「かなり二宮君ゲームオタクですから!……あとコイツ猫背だね」(爆)

一人目の健太郎君はお弁当を運んできた。
ニノ、気付かず「ありがとうございます」と礼を言う。
ゲームに没頭して気付かないようだ。ようやく発した言葉が、
ニノ「はぁ、死んじゃった」(笑)
二人目の亮平君はメイク道具を運んできた。
が、全く見てないのでこの企画にはヤバイムード。
三人目は着物美人の透大君は着物姿で登場。さすがにニノも「!」
健「未知との遭遇!
坂「ちょっとした不法侵入だからね」
ニノ「な・に・か?」とゲームしながら返す。口半開き状態。
Ⅴ6、ニノの元へ事情説明に向かう。
ニノ、楽屋に現れた3人が仕掛け人だと説明されても「????」状態。
全て男の子だと言われて「えっ~~!」と驚く。
ニノ「めっちゃカワイイじゃないですか」と驚きを隠せなかった。
坂「ちょっと、潤んでるんじゃないよ!」と頭をバシっと。
ニノ「めっちゃカワイイじゃないですか、あ~すごいワキ汗です、今」

自主的参加でニノも交えて次のターゲットに向かう一行。
次は相葉ちゃんと翔ちゃんの楽屋
ニノ、坂、健はモニター越しに楽屋を見てます。
健「かたや新聞読んでてかたやお菓子バリバリ食ってる」
相「(翔ちゃんにお菓子を)食べる?」と差し出す。
ニノ「食べる?って自分のじゃないですからね!
坂「いつもこんな感じなの?」
ニノ「いつもかんな感じです。翔君は大体3紙くらい読んでますね」
坂「ちゃんと読んでるんだ」
健「やっぱ、ニュースやってるもんね」
ニノ「で、こうやって(相葉ちゃんが)ジャマするんです」
相葉ちゃん、自分の記事を説明中、それを新聞読んでたのをやめて聞いてあげてる翔ちゃん。
相「いいこと言うね! 相葉君」と自我自賛。
一人目は亮平君、メイク道具運んできた。
一応は見てる二人。
急に相葉ちゃん立って「俺、最近太った?」と翔ちゃんに聞く。
相「太ってないよね、じゃあいいや、食おう!」と再びお菓子ボリボリ。
三宅君の指令:相葉ちゃんの名前を鈴木と間違えろと。
亮「鈴木さん!」 二人ともポカーン。
相「(笑いながら)俺!?……相葉ですけど…」
ニノ「すげ、ちゃんと会話してる!」
坂「バレてないんだ」
翔「(相葉ちゃんに)鈴木さん、雑誌取って!」
相「鈴木さんじゃねぇっーの!」と言いながら雑誌を取る。
ニノ「なんて楽しそうな楽屋なんですか、コレ
次の指令:翔ちゃんのキャスターぶりを褒めろ!と。
翔ちゃんと相葉ちゃんは楽しく談笑中。
亮「櫻井さん、よく朝、ニュースとかやってますよね?」(あ、朝?)
坂「朝、やってねぇよ!」
翔「ニュースは夜……」
亮「夜ですか?」
坂「聞いちゃったよ! お前もう帰ってこい!」
亮「ちょっと…なんか呼ばれたんで…」
健「キャッチミー着けてる事バラしちゃってる」

次に最もニノを驚かせた健太郎君、突入。
ニノ「この人は分かんない!」
指令:相葉ちゃんの番組、志村どうぶつ園を褒めろと(褒め殺し作戦)
亮「相葉さん、いつも志村どうぶつ園見てるんですよ、すごいおもしろいです」
相葉ちゃん嬉しそう。
坂「この雰囲気だと櫻井も褒めてほしいよな」
指令:翔ちゃんの事も見てますよと、朝(爆)
亮「桜井さんも朝ズバッ!見てますよ」翔ちゃん大受け。
翔「朝ズバッ!出てたっけ?
健太郎君の正体に二人は全く気付きませんねぇ。
全く気付かれないんでエスカレートしていく仕掛け。
指令:(ダンディ坂野さんの)ゲッツ!をさせる
健太郎君は上手だったね。疑問を持たれても難無く受け答えしてた。
見本を見せる時も可愛くて、何の疑いもなく二人はゲッツをやってしまった。
ニノ「(健太郎君の事)うまいなぁ、働けるなぁ」と感動してた。
相葉ちゃんのゲッツに「この足最高です!」と褒めると、翔ちゃんジェラシー「俺ダメなの?」と。
指令:ハケまでやっちゃおうか、との無茶振りも二人は快くやってくれちゃいました。
健「バカだ、あいつら」
坂「二人はえらいね、やさしいね
ニノ楽屋へ向かう「どうも!学校へ行こうです!」二人とも唖然。
ニノ「いつも見てますよ、朝」
翔「朝じゃねぇって、朝ズバッ!出てねぇって」
ニノ、二人を連れてウォッチングルームへ。
坂&健「ゲッツ!」
相「おはようございま~す」と室内に。
ドッキリと言われても何がドッキリなのか分からず困惑。
健「隣にいる2人は男の子だから」
翔相「えっ?」
相「このパイオツも?」(おいおい)
健「何だったら」
男の子なんだけど躊躇する相葉ちゃんたちに「児玉健太郎だから」と。
相「普通に綺麗ですね」と満更でもなかった様子。

次は智くん
楽屋で雑誌読んでる。って言うかパラパラめくってみてる。
ニノ「地味だなぁ」
健「大野最近、こんな頭してんだぁ」
翔「あぐらかいてますね」(椅子の上にね)
27歳にして早くも40歳の風格を漂わせる嵐リーダー、大野!】(爆)
そこへ、メイク道具を運んで来た亮平君。
相「あんまり分かんないと思う! 攻めても」
この意見に三宅君、良平君に智君の髪を触れと指示。
良平君はちょっと、コワゴワで、時たま噛んじゃってる。
それとなく髪型を褒める亮平君。照れる智君。
モニターを見てる嵐メン達は爆笑してる。
健「ノミ取りみたいになってる!」
翔「こういうチンパンジーの親子いますね!
更にエスカレートして、耳に息を吹きかけろと…。
一瞬、反応する智君。
相「人当たりだけはバツグンにいいから、あんまり『嫌』とかは言わないですね!」
坂本「ハッキリ言わないんだ、何をすれば喜ぶの?」
翔「肩もんだりしたらどうですかね?」という事で指令が。
智君「まぁ、とりあえず」とは言ったけど、とりあえずイイって事だったようだけど。亮平君、肩をもみだした。
智「あっ…
翔「とりあえずいい」って事でしょう?
ニノ「とりあえず大丈夫だよ」って言おうとしたんですけど」
健「断りきれないんだ」
坂本「何となく温厚な大野を怒らせたい気分もあるんだけどね」
ニノ「ネクタイを直すフリシテ…(翔ちゃんの元へ行き)手が滑ってアゴにガンッ!と」
亮平くん、指令どおりアゴにhit!
温厚な大野君は苦笑しながら亮平君の顔を見ながら笑ってる。
坂本「ちょっと連れて来てもらおうか!」という事で指令を出す。
別室で打ち合わせがあると言われ、素直に付いていくr智君。
ニノ「誰にでもついていくんだなぁ
一同の居る部屋に連れてこられた智君、唖然。
健「異変に気付かなかった?」
智「あのね、フーフーしてくるの
翔「そういう異変か!」(笑)
その後、ネタバラシをされた智君。
坂「メイクさんではないんです。男の子です!」自己紹介されて、
智「男かい 君!」(オジサンみたいな言い方に一同爆笑)

最後のトリは潤君
ニノ「意外に気難しいとこありますから!」
1番手は人気ナンバー1(?)の健太郎君がTVワイドの取材という事で白のスーツ姿で登場。女性記者そのものだった。
面と向かってのす取材なのに気付かれてない。
智君、健太郎君を初めて見て「これ、オ…オトコ!?」とビックリしてる。
健太郎君、新番組「ひみつのアラシちゃん」について潤君に聞いている。
疑いも無く、超真剣に答え出す潤君。モニター見て大笑いする一同。
更に『松潤』と呼び捨てる指令が出される。
翔「結構『松潤』っていきなり呼ばれるとビックリすると思います!
相「(イラッと)スイッチ入るカもしれないな!」
けど、健太郎君、「松じゅ…、まつずん…」と噛んでしまった。
坂「(怒る所か)松潤笑っちゃったもん!」
健太郎「松潤的な秘密を知りたいんです」
潤「(笑いながら)的な秘密…? 的な秘密って何だろう?」
相「今ので壁取れた感じあるよね!」
翔「うまいライターさんだよ!
坂「もしかしたら松潤もかわいいなって思ってるかもしれない!
相「誘ってみましょうよ!」(超悪ノリ!
潤「(取材は続いてる)毎朝フルーツとか入れてガーって作ってよく現場に持ってったりとか…」
健「(指令)私も食べたい松潤のそれ」
健太郎「私も食べたいです、松潤のそれ!
潤君、爽やかに笑ってる。潤君もしかしてタイプ?みたいな。
ここで、アイドルにはしてはいけない質問をする健太郎君。
「女性関係」に持っていく。メンバーもちょっとピリピリした表情になってる。
健太郎「付き合ってる方とかはいらっしゃるんですかね?」
潤「今さ、それ答えた方がいいですか?」とちょっと表情が固くなってる。
ニノ「大丈夫ですか? こコレ!」と不安な表情。
坂「これはヤバイだろ!」という事で取材終了。健太郎君引き上げる。
翔「松潤なんかおかしいなって顔してたよ、今」
立ちすくむ潤君の後姿、智「背中がかわいそうに見える」(笑)
黙ったまま首傾げてる潤君。
次にノックして入って来たのは、着物男子透大君。不自然だよね。
潤君もビックリしてるし。
透大「今日番組で日舞のコーナーがあるので、その講師としてやってきた池野です」と挨拶。
坂「もうこれバレるだろ!」という事で一同潤君のもとへ。
しかしその間、潤君扇子をもって日舞の指導を受けてるよ。
潤「おかしいと思ったんだよ!」
坂「ずっとさっきから松潤の部屋を見てました」
潤「マジっすか?」
そんな潤君にもネタバラシ。坂「この3人男の子なんです!」
潤「TVワイド、全然男性だと思わなかった……
潤君、凹みながら「『学校へ行こう!』なんか……」と言いかけたが、何て言いたかったのかなぁ?
嵐全員、引っかかりまくりだった。
ニノ「残念ながら、ウチのリーダーがずっとTVワイド(健太郎)をずっと見てますから!」
智「男には見えない……
ニノ「レベルがホントに高いですよ!」
坂「普段のコーナーでもこういうレベルがいっぱいいるわけですよ!」
坂本君に一回来てみれば?なんて言われちゃっていく気満々のニノ。
次のコーナーにちゃっかりお邪魔する事に~~。

08042875

| | コメント (0) | トラックバック (2)

VS嵐★4 品川庄司~キャッチ! キャッチ!!

翔「凄いらしいですよ、周りの反響が」
ニノ「どういう反響が?」
翔「やぁ~、もう、あの番組に『出たい、出たい』って凄いらしいですよ」
ニノ「芸能人の猛者達が」
潤「例えば誰が?」  翔「黒柳徹子さんとか」
観客「え~~」
ニノ「ほら、ほら、みんなも、え~!ってなりますよ」
翔「僕も確かにちょっと怪我するなって思った」
相「今の危ないと思う、ギリギリアウトだよ、それ」
潤「他には誰が居るんですか?」
翔「他にはですか? 他にはダンンさんとか…(言い方が『』にアクセント)」(爆)
ニノ「ダンカンさんじゃなくて、ダンンさんなの? おれずっとダンカンさんって呼んでたわ」
翔「僕、小学校の時サインもらったんですよ、ダンカンさんと井手らっきょうさんにサインいただいたんですよ
ニノ「らっきょうさんは、らっきょうさんなの」
翔「(進行を戻す)今日は負けられませんから!」とゲスト紹介。

ゲストは品川庄司のお二人。

翔「ゲームは得意ですか?」
品「ゲームは大好きですし、この番組にも『出たい!出たい』って言ってて、やっと、この番組に出たいと言ったら、品川庄司かダンンさんか…」
潤「品川さん、どうなんですか? 得意なんですか? こうスポーツとか、体動かす…」
品「どうだろ~~」  庄「こいつ、バスケ部ですからね」
翔「ポジションは?」
品「ポジション? ポジションとかない!」嵐にそんなはず無いと言われ、「部員がオレしかいなかった」と。
翔「庄司さんも、体力あるんじゃないですか?」
庄「これ得意でしょ、やっぱり」
翔「僕ね、庄司さんの凄いとこちょっと今日見たいなぁって思ってるんですよね」
庄「いや、見せてるでしょ、俺の凄い所を他の番組でも」
潤「別の番組に来ていただいた時は、ちょっと気持ち悪かった、なんかテッカテカだったし」

ファオーリングパイプ★落ちてくる2本のパイプを瞬時に取るゲーム
庄「庄司、キャッチ~」 品「チョ~イス」という事で、庄司さんがキャッチ。
嵐チームのチョイスは 「僕が行きます」と挙手した相葉ちゃん。
品「チョ~~イス?」
相「Yeah チョイス!!
品「チョ~イス!!」とガッチリ握手。変な掛け合い笑えた。

キャッチ台の庄司さん「ここに来るとちょっとドキドキするねぇ~!」
下から「キャッチ!」「キャッチ?」の声が。
庄司さんなんか話してるんだけど、品川さんあくまでも「キャッチ!」しか言わないし、言わせなかった(笑)
伊「キャッチの自信は?」
庄「アリます!」
品「アイドルの心をキャッチしたぐらいですから
庄「やかましいわ!」(爆)「お前(仲間を)動揺させてどうすんだよ!」
品「キャッチ!」  庄「キャッチ!!」
相葉ちゃん落とすパイプボタンを押しただけなんだけど、庄司さん勘違いしちゃって「えっ! もう始まってんの?」と一人台の上でパニクってました。
そんな状態でも、品「キャッチ!」 庄「キャッチ!」このやりとり再び。
翔「あれ(キャッチは)、落ち着くんだ~」

スタート:相「庄司さん、庄司さんってタンクトップ70枚持ってるんですってね」
庄「(キョロキョロしながら)74枚ですね!」
相「最近の悩みが何か、抜け毛が激しい」とここでスイッチ・オン。
なんとダブルキャッチで40点獲得。
品「凄いじゃん」
庄「抜け毛気にし~の」
相「やっぱ、本当に悩んでるんですか?」
庄「5年前に5年後ハゲるって宣言されたんですよ
相「え? 誰にですか?」
庄「その頭皮チェックの人に、あと1年なんですよ。5年後にハゲるって」

次はニノがキャッチで、チョイスは(また例の『キャッチ? チョイス?』 コントしながら)品川さん。
ニノ、台の上で「あ、これ何処に居たらいいんだ?」と今更な発言。
翔「横になっちゃえ、横になっちゃえ、こうやって」と適当なアドバイス。
ニノ「横になる!?」と台の上で寝転んでいろいろ試す。
庄「ストリッパーか!」
ニノ「コレは無いな、これで行こう!」と3と4のパイプを掴んで位置決め。
潤「それ、1、2に行く時どうするんですか?」
ニノ、素早くシュミレーション。イケそうだ。
品川さん落とすパイプをセレクト。
ニノ「俺、多分、品川さんとの相性悪いんだよな」
庄「(ミッキーマウスみたいな声で)あ~~は、もう決まっちゃったよ~~」
ニノ台の上で大うけ。

スタート:品「二宮君! 二宮君、なんかお店のビニール袋鞄代わりに使ってるんだって?」とここでスイッチオン。辛うじて1本キャッチ。10点獲得。

2巡目のキャッチは品川さんで嵐のチョイスは翔ちゃん。
台の上では品川さん、シュミレーション。
庄「檻に入ってるゴリラみたい…」(笑)
品「おい!」と怒りながらも、ゴリラの物真似始めた。
翔ちゃんセレクト。その間、品川さん動き回ってる。
相「セット壊さないで下さいね!」
スタート:翔「品川さん、出られてたドラマ『ガリレオ』、映画になって品川さんはなんシーン出演されたんですか?」とここでオン。
この間の相葉ちゃんのようなマトリックスキャッチ風。1本キャッチで50点。
ニノ「セクシーですよ」  品「これ、凄くない?」
品「『容疑者Xの献身』ね、『ガリレオ』の映画版、クランクインが月曜日でクランクアップが火曜日だから」
ニノ「早い!」

次は智君がキャッチで庄司さんがチョイス。
チョイスコント受けなくて「あれ?チョイスの流れ、もう終わった?」と観客に確認。
1回目のOAでダブルキャッチしてる智君、自信ありそう。
庄司さんがチョイスする時、品「1本は自分の分、もう1本は彼女の分!」と。
庄「ばかァ~!!」と品川さんを追いかける。逃げる品川さん。
スタート:庄「リーダー、個展大成功でね、その模様がニュースに流れてて何かその来たお客さんが『櫻井君のファンだけど来ちゃいました』みたいなコメント聞いてイラッとしてたみたいで、そこらへんどうなんでした」でここでオン。
ダブルキャッチならず、でも1本で50点獲得。

翔「あのぅ、櫻井君のファンの人も個展に行っても大丈夫ですよね?
智「全然、大丈夫ですよ」
庄「イラッとしたという何か、聞いたんですけど」
智「誰が来てもいいっす!」

キャッチングブリッジ★橋の上で1ボールをキャッチするゲーム
品「キャッチといえば庄司君」
潤「それは何でですか?」
品「何しろ『モー娘。』の心をキャッチした」庄司さん頭を叩く。
品「徐々に核心に触れていくから、番組を最後まで観て庄司君の彼女を当てよう!!」と(爆)
品「最初のキーワードは『ミ』!」
庄「バカ! ばぁ~か!」

先攻は嵐で、何もまだやってない潤君。
潤「これさぁ、結構上に来ると分かるんだけど、このブリッジが細いんですよ」
相「左右動ける? 結構」
ニノ「結構そのブリッジ一杯まで多分…」
潤「キャッチ!」と叫びながら右に左に軽く走りこむ。
品「ちょっと待って!!」とスタート寸前で声をかける。
潤「何?」
品「これだけは言わせて」
潤「何ですか?」
品「ケガはしないで!」潤君これには爆笑。
スタート:順調。ピンクボールは外すものの、その代わりに飛んで来る高速黒ボールを1本も外さなかったんで結構イケてました。440点。
潤「この番組4回目にしてようやく楽しくなって来ました
潤君のキャッチの爽やかさを再現する品川さんに笑いが。

後攻はやっぱり庄司さん。
ブリッジに一礼。品「庄司、ブリッジに一礼するトコ、スベってたぞ!」
庄「ウハハハハ」(笑ってごまかす)
ブリッジの上でパフォーマンス。品「庄司! 一連の流れややウケだったぞ!」
スタート:うん、微妙なキャッチ。でも高速ボールが潤君の時より早く感じた(はは)それでも、410点獲得。
庄「黒担当してる人がいるのね1人。爆笑しながら入れてるの」
品「お前、取ったらどんどん(下へ)落としていかないと、黒取って、黄色取って、ピンク来たら叩き落としてるの」

ローリングコインタワー★回るテーブルにコインを積み重ねていくゲーム
品川庄司が選んだ嵐メンは、
品「相葉くん!! おっちょこちょいな一面を」
相「小手先は器用ですからね
翔「小手先じゃない、手先!」(と教えてあげる)
ニノ「もう負けてんじゃん! 絶対」
庄「ヘキサゴン出たら?
もう1人は、品「二宮君かな?」
ニノ「あ~やだなぁ~」
相「攻めるよ!」対面にいるニノと打ち合わせてる。
スタート:品川さんから、ニノ、庄司さん、相葉ちゃんの順、相葉ちゃん低ポイントコインを積んでた。2周目、品川⇒ニノ、まさかのタワー転倒!
相「え~~~!」
ニノ「あ~~負けちゃったぁ
嬉しくてコケた品川さん、だけどテーブルに隠れてどのカメラも撮ってなくてダダすべり。

結局は品川庄司チームの勝利で商品ゲット。
庄司さんはヴィンテージジーンズ、嵐メン、この商品を引っぱったり、やんちゃぶり発揮。庄「やめろー!嵐ぃ!!」って。
品川さんはマウンテンバイク

感想を言うトコでも、品「キャッチと言えば庄司ですからね」
ニノ「ナゼでしょう?」
品「それは『モー娘。』の心を…」と言いかけた時、すかさす頭を小突く。

★MOST DAME ARSHI★
本日のダメ嵐は全員一致でニノだった。
黄色いボックスの床が開き、ニノ落下。
ニノ「これ、怖いよ!」
ウレタンの中に埋もれて、ひと言「あ~なんか全体的にスイマセンでした!」とな。

Nino3

| | コメント (1) | トラックバック (2)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »