« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

VS嵐★全国放送直前スペシャル

VS嵐が全国放送で10月1日に流れる。今回はその直前SPだった。

翔「VS嵐~最強王者決定戦~直前スペシャル~~~!」
(拍手で盛り上がる嵐メン)
翔「土曜のお昼にお届けしておりましたVS嵐、何と今度の水曜日、10月1日夜10時から1時間半のスペシャルです!
相「って事は、全国の皆さんに見て頂けるって事ですね」
翔「そういう事なんです。4月から始まって連敗も重ね、勝てるようになった今だからこそ見て頂きたい」
潤「これね、7月とかにやったらね、連敗中にやったらどうしようもなかった…良かったですね」
ニノ「やんなくても分かってるからね…」
潤「最強じゃないからね、とかね…」
翔「これでもさぁ、見ていてリハーサルもちょっとやってましたけど、テレビ見てる人、ゲームやりたくなったりするんじゃない?」
智「多分、なんであんなもん出来ないんだとか思われてるんだよね」
翔「パイプキャッチとかね…結構難しいんだよね」
相「あそこ立つだけでね、色んなプレッシャーがね、かかってきますからね、見てるだけじゃないね」
ニノ「でも見てる人は楽しんで普通にね、そんな事言ったりしながら見てもらって楽しいんじゃないですか?」
翔「今回1時間半だからゲストも凄いですよ!」
ニノ「またぁ!」
翔「最強王者決定戦ですからね」
相「ちょっと紹介してくださいよ」

翔「今回嵐チームと2つのチームの三つ巴戦となります!…まずは芸人チーム」
とゲストの記されたパネルを出す。
芸人チーム⇒くりぃむしちゅー、FUJIWARA、ペナルティ、木下優樹菜
ニノ「チョイスがおかしいよね、芸人チームって…大丈夫なんじゃない? 芸人さんは大丈夫なんじゃない?」
潤「最強決めるのに芸人さんチームがあるんですか?」
翔「そうです。なにはともあれ芸人さんチーム!」
ニノ「確かにね」
相「必要だよ、必要だよ」
潤「ペナルティの2人とか運動神経すごい、いいと思いますよ」【市立船橋高校サッカー部OB
ニノ「くりぃむさんに至っては(いなくても)大丈夫なんじゃないか?」
潤「くりぃむさんて動けんの?」
潤「(カンペを見た)二人共後攻ラグビー部だって」
翔「(スタッフに)そうなの?…マジで? それ知らなかった」
ニノ「そこ(高校時代ラグビー部って事)いっさい売りに出していないんだね」(爆)
熊本県立済々黌高等学校ラグビー部OB 上田⇒フランカー、有田⇒右ウイング
ニノ「イヤなのかも知れない、もしかしたらね…ちなみに俺今日初めて知ったんだけど、木下優樹菜ちゃんは芸人だったんだね、そこの情報あるワケ?」
自己分析&理由を読み上げる翔ちゃん「(瞬発力ゼロの理由)最近よく棚とかにぶつかるので…」
相「歩いててね…」
潤「まぁ、ここには勝てるだろうな」
翔「この外にも実は最強芸人さん来ますから。超大物!」
相「えっ、今は隠しなんですか?」
ニノ「超大物なの?」
翔「僕は正直、会いたくて会いたくてしょうがない」
智「会った事無い…?」
翔「イヤ、無いです。メイクルームとかじゃ、ちょっと有りますけど、僕がお会いした時はテレビで見る姿と違ったんで」
ニノ「教えて欲しいなぁ」
相「(パネルを指して)ここだったら必ずこのキャプテンの位置に入る感じの人ですか?」
ニノ「って事だよね、大物だからね」
翔「キャプテンには入んないです」
ニノ「どういう事~~?」
翔「キャプテンには入らないです」
相「じゃあ、どのヘンに入るんですか? この写真の位置で言ったら」
翔「写真の…ここらへん」と欄外を指した。
ニノ「ごめんなさい。なんか、なんとなく小物な感じがしてる…」
翔「大物、小物っていうより、別枠っていう感じですね」
相「芸人チーム中での別枠?」
翔「ただ、僕のイメージですけど、瞬発力だけは半端じゃないと思います」
ニノ「何ゆえ」
翔「速い、芸風が速い!
相「頭の切れとかじゃなくて?」(誰なんでしょ?)

【芸人チーム意気込みVTR】
くりぃむの上田さんは全種目ペナルティのワッキーがやればいいとか、FUJIWARAはいらないとか言って、失礼な後輩に切れるFの藤本さんだけど、仕事量では自分は後輩だって謙遜。
Fの原西さん、仲間に最後に気合いを!をと振られ、「気合いだ! 気合いだ!…普通だ!」とやって、ダダすべり。
チームワークを深めるようなギャグを振られ再び原西さん。仲間の期待をよそに、「無いなぁ」って。
まとまってるんだか、まとまってないんだか…。(予想つかない)

翔「続いて最強王者決定戦にふさわしいアスリートチームです!」
ニノ「(戦うというのは)こういうチームだよ!」
相「戦う感じするわ」
智「強そうだなぁ~~」
潤「この面子には勝てないでしょ」
翔「豪華だよね」
アスリートチーム⇒前園(サッカー)、髙田(格闘技)、池谷(体操)、片岡(野球)、内藤(ボクシング)、村主(スケート)
ニノ「ここ絶対強いだろ!」
相「僕ねぇ、池谷さんねぇ、大江戸温泉で会ったんすよ」【深夜の大江戸温泉に出没!?】
翔「どうでしたぁ?」
相「夜中行ったんすよ、まだまだ現役のマッチョマンって感じはしましたんで…」
ニノ「未だにさぁ、バック転とかで登場するもんね」
相「そうだよね」
翔「アトランタで銅メダル取ってますからね……前園さんとかさぁ」
相「カッコイイよね」
翔「内藤選手! これ意外だったんだ、瞬発力に自信がある。(理由)ハンドボール部で鍛えましたって」
潤「瞬発力ってボクシングの方が凄そうじゃない?」と不思議そう。
潤「フォーリングパイプとか超速そう!」と色々分析中。
ニノ「アスリートのキャプテンは総統(髙田さん)でいいんですか?」
と髙田さんの分析も始めた。
円グラフは全て5ポイント。理由:まだまだ体力には自信あり全て満点ということ。以上。と。
ニノ「(これに対して)だってその円グラフって自分で付けてるわけでしょ? えっ~、ここは女子2名入るわけですな」
相「その女子も凄いんだもんね」
翔「いずれにせよ、アスリートチームは元々動かしてるわけだからさ」
相「レベル高いっすよ」
潤「スイッチ入っちゃったら止まんないだろうね」

【アスリートチームの意気込みVTR】
髙「嵐!見てみぃ、このアスリートの豪華なメンバーを! 日本代表から、金メダリストから、元メダリストから、え~? どうすんだよ! 本当に」
ボクシングの内藤さん、挙動不審。(あ、あの、俺…みたいな、)
髙「最後に言おうと思ったんだよ(爆) 現役チャンピオンがココにいるわけですよ! 凄いでしょ!知らないよ! 100万円持ってっちゃうからね! 後悔すんなよ!…どうよチャンピオン今日の意気込みは?」
と急に振られた内藤さん「い、意気込み……」迷ってると
髙「頑張るよ! 頑張るって!」(爆)
髙「最後にひとこと言っていいかな?  櫻井君! 君のニュースコメント上手すぎるよ!」(爆)
髙田さんが楽屋で30分考えた掛声で一致団結。
髙「ア!」 全員「スリート!」
髙「見とけよ! 嵐!」

―+この2チームとの戦い方について話し合ってる嵐+―
レギュラー陣としてのモチベーションもあり自信もっていくという嵐。
翔ちゃん曰く、ゲームの方もかなりバージョンアップされてるという。特番ですからと。
潤「いや、本当に思いました。特番ってのは本当にお金があるんだなって」(爆)

フォーリングパイプのチョイス台が可動式です。
今迄見上げてチョイスしてたのが、見下ろしてチョイスしちゃうという。
高所恐怖症の誰かさんは困ってたけど。

クリフクライムでは岩山が横幅1・5倍に。今までは殆ど平面だったのに、高得点のある場所にはネズミ返しの形状だという。(嵐に登れるかなぁ?)

今回、出張フォーリングパイプもするらしい。
翔ちゃんがその説明をしてると、
相「誰かの家に持って行けるということですか?」(天然さん)
翔「家には持っていけないです。まぁ、入るお家であれば、やらせてもらいたいとは思うけど」
ニノ「なかなか無いよ、あれテレビで見てるよりデカいからね!」

はねるのとびらSP』でお約束したとおり、VS嵐内での対決を。
何故か美術倉庫にセットが組まれて、はねとびチームがやってきた。
美術倉庫で行われた理由は放送日に明かされるそうです。

ジャニ先輩TOKIOの山口君と長瀬君とも対戦もあり。
TOKIOの新番組にお邪魔しての出張フォーリングパイプ。

翔「という事で今回スペシャルということで最強メンバーを決めたいです。だって嵐以外は勝てば賞金100万円もらえるそうですよ」
潤「俺らは貰えないって事ですね、俺らは阻止するんですね」
相「なるほど」
ニノ「じゃあ本当に申し訳ないんだけど…ちょっと翔ちゃん休んでてもらっていい?」(爆)
翔「おかしいだろ、おかしいだろ…」
嵐メン「100万円かかってるから」【全員で直訴】
ニノ「嵐の為とかじゃなくて、番組のため」
潤「それで番組が救われます」
相「まわしに(司会進行に)徹してよ」
潤「ジャケットとか着てもらって」
翔「5人で嵐だからさ…」
ニノ「だからこそね、MCの方へ行って頂いて」
翔「ゲームやってVS嵐だから、俺じゃあVS誰って話になってくるじゃん」
潤「考え方だと思うよ、やっぱさぁ、こう、お前らやっとけ!っていうスタンスでいれば」
相「そうだね、あいつキャプテンなんだみたいなさぁ」
智「俺が出るまでもねぇみたいな」
潤「野村監督みたいな感じでさぁ」
ニノ「マー君、神の子って言っとけば大丈夫だみたいな」
相「悪くないでしょ?」
翔「悪くないね…」

―+嵐の最強メンバー決め+―
フォ-リングパイプで、ニノ「(キャッチ)コツ分かったぜみたいな人?」と聞いたら、
翔ちゃん一人が挙手。嵐メンの頭上に「????」マークが。
結局相葉ちゃんが「いや俺が行こう!」って翔ちゃんを阻止。
チョイスの時も翔ちゃん一人が挙手。再び嵐メン「????」
で智君が「あっ俺行こう!」
翔「(メンバーが決まっちゃったので)俺が回すわ。MC俺ね。伊藤(アナ)さんもいる気がするんだけどな」
相「VS伊藤さんだよ、じゃあ。翔ちゃん対伊藤さんの戦いが」
ニノ「俺らはVS嵐だけど」
翔「おっかしいなぁ」

―+ピンボールランナー+―
指令台という名のMC(司会進行)って事で、翔ちゃんこのゲームに決まる。
翔ちゃんは走りたかったようだけど。
ランナーは智君。
ニノ「おじさんチームが…」
翔「おにいさんチームな!」
潤「だからおっさんチームが…」
翔「おにいさんチームな! 大野さんも何か言ってよ」
智「俺どっちでもいいかなって」

―+クリフクライム+―
クライマーはニノ。
で、サポーターは、相「じゃあ、俺やろっかな」
翔ちゃんも「じゃあ、俺もやるよ」と。
相「うん、やろっか…一緒にね…まかしといてそこは…」
反撃に遭わなかったので翔ちゃん、ちょっとぽか~ん。
翔「なぁ、お前俺の扱いメンドくさくなってるだろ?
ニノ「じゃあ、やろう!ってせっかく素直に言ってくれたんだから翔さん」
愛「一緒にやろう。頑張ろう」と手を差し伸べた。
翔「(握手した手に)力入ってないぞ! ちゃんと力入れろ!握手なんだから」
もう1組は潤君クライマー、智君とニノがサポーター。

だいたい決まって翔「俺ほとんど喋ってるだけじゃねぇか!」と不満気。
潤「翔さんにはここまで温存しておいてもらって…」
ニノ「コインタワーっていうね」
潤「コインタワーに行ってもらううしかないよ」って事で翔相コンビで参戦。

智君の「100万円、阻止するぜぇ!」の掛声で一致団結した嵐。


10月1日(水)夜10時から☆

0809270

| | コメント (0) | トラックバック (4)

VS嵐★浅草キッド&チェ・ホンマン~5人は血も涙もねぇなby博士

翔「前回、何と2ヶ月ぶりの、負けですよ」
潤「悔しかったぁ」
翔「8連勝がストップしてしまいましたけどもね」
相「負けって、ああいう感じなんだね…すごく、すごく悔しい。あんな悔しかったんだ」
翔「その悔しさを忘れんなよ!
ニノ「イヤイヤ、あのさぁ、お前も負けたんだよ!」
翔「悔しさをバネにさぁ、今日も勝って行こうよ!」
潤「真剣にやります!」

という事で本日のゲスト紹介*浅草キッド(水道橋博士&玉袋筋太郎)のお2人&チェ・ホンマンさん

ニノ「チョット! ちょっと~! 勝てないよ」
翔「まぁ、浅草キッドのお2人が、ゲームが得意かどうかというのは今の所、分かりません」
水「いやいや、今日はK-1で決着をつけるんでしょ」
潤「それなら、じゃあ」と智君を背中を押し一歩前へ出させた。
堂々とホンマンさんの前へ歩み寄る智君だが、スゴスゴと後ずさり。
翔「お2人、ちょっと知らないかもしれないですけど、実は大野とチェ・ホンマンさん同い年(27才)です」(どよめき)
同い年の2人が並んでみた。そして固い握手。智君の顔が歪んだ。「痛い、痛い!」握手が痛かったようだ。
翔「大野さん得意な韓国語で挨拶を」
智「ツウム ブェッゲッスムニダ(はじめまして!)」と言って再び握手。
翔「じゃあ、ホンマンさん、今日の意気込みを!」
ホ「一生懸命頑張ります!」

■ピンボールランナー■
―・+制限時間60秒の間に指令台から指示をもらいベルトの上を走りながら背負ったカゴで落ちてくるボールをキャッチしポイントGET!
翔「まずはゲストチームから先攻で行って貰いたいと思います」
水「これは有利ですよ!」
ニノ「行かれるわけですか? チェ・ホンマンさんが!?」
水「それはそうでしょ」
玉「博士が行くと大変だよな」
水「何の為に(ホンマンさんを)連れてきたのよ」
って事でホンマンさんがカゴを背負う事に。

相「お2人の指示は何語で行かれるんですか?」
水「これね、日本語大丈夫です!」
ホフマンさんカゴを背負って登場。が、
水「ダメ! あれダメ!」
なんと背が高いのでカゴの位置が完全にボールの入らない高さになっている。
水「ボール入んないアレじゃ…」とスタッフにダメ出し。
水「大きすぎんだよ」とホンマンさんに文句まで言ってるし。
スタッフが急遽、カゴの位置を下げた。
智「あ~あ、頭が…」カゴが頭に当たってる状態。
水「キングコングが捕獲されたみたいになってる」
伊藤アナ「チェ・ホンマンさん、大丈夫ですか?」
ホ「大丈夫ですよ~」(笑)
ゲームの方は、ホンマンさんは言われるままに動いてたのに、指令台の方が指示ミスだった。
4つGETで120pts。
玉「活かしきれてないね」
翔「博士が全然ダメ!」
翔「ホンマンさん、やってみてどうでした?」
ホ「見えないですよ、難しい、難しい!」
玉「指示が悪かったね、あんまり動かすんじゃなかったな」
嵐チームは翔ちゃんが自ら挙手し、やったこと無いという事でランナーに。
指示をする相手を翔ちゃんが選ぶ事に。
翔「今日はね一人、趣が違う人がいるんんですよ。一人ラガーマンがいるんで」
という事でそれっぽいTシャツを来た相葉ちゃんが指令台へ。
水「大体平均ドレくらい?」
ニノ「7、8(個)ぐらいですね」
玉「でも初めてだからな」
ニノ「ただ、その平均値が彼に通用するのかって事が…
目標を聞かれた翔ちゃん「平均は上回りたいです!」
ニノ「二桁?」 翔ちゃん、大きく頷く。
カゴを背負った翔ちゃん、何故か笑われてる。
ニノ「(カゴの取っ手)上を持って、翔さん!」
翔「あ、ここ持つのか」(大丈夫でしょうかぁ)
スタート:相「行こうか翔ちゃん、これで。5、いや3、そこでいい、そこでいい」とちょっと不安な指示だけど1個目はカゴの中に落下。
このゲームは難しそう。ボールが障害物に当たって、指示した数字に中々行かない。
でも最後6秒辺りでGETして、6つGETで180pts。
翔「相葉君! もうちょっと具体的にさ、そことか(ハァ、ハァ)」
相「ちょっと前とか、ちょっと後ろとかフィーリングで分からなかったt?」
翔「フィーリングはよく分かるよ、君のフィーリングはナイスフィーリングだ
相「ナイスフィーリングだろ、でもOKだよ、2,4、6コ捕れたよ」
翔「アリガト!」(いいコンビだわ)
水「平均以下、平均以下!」
ニノ「平均以下でしたね、今ね」

■フォーリングパイプ■
先攻ゲストチームは玉袋さんがキャッチで、嵐チームのチョイスは潤君。
玉袋さんと潤君の睨み合い、CGでビームが付けられていた(爆)
潤「(キャッチ台の玉袋さんに)向きはそれでいいんですか?」
玉「向きはそれ、正対ですよ私は」
潤君チョイスは3と4.
玉「あれ、押した? 今?」
翔「戸惑い過ぎじゃないですか?」
時間が近づくつれ体勢のん変わる玉袋さんに、
ニノ「だいぶ正対から変わって来たな!」(爆)
スタート:潤「あの、玉ちゃんさんは、昔ダイエットしたことあるって話聞いたんですけど」
玉「あるよ」
潤「タイガーダイエットですか? ちょっとなんか変わったのをやられたって」
玉「やった、やった」
潤「それ、どういった内容……」
玉「あのね」 ここでGO! シングルキャッチだが、右手が30ptsを掴んでた。
浅草キッドさんたちは作戦を練っていたようだが、的が外れてしまったらしい。
この後、タイガーダイエットの説明が…。(略)1日1食のダイエットのようだ。

後攻の嵐はニノが「私が行こう!」と手を上げてキャッチ台に。
チョイスは水道橋さん。
ニノ「(チョイス台を見て)博士かぁ~」とガッカリ。
ニノ「苦手なんだよなぁ」
水「まだ2回しか共演した事無いのに、もう苦手なの?」
ニノ「なんかねぇ、ちょっとねぇ、後ろをそのまま透かされて見られてるような感じがするんですよ」
水道橋さんのチョイスは3と4.
伊藤アナ「二宮君、スタンバイはいいですね」
ニノ「ダメです!」いつになく自信なさ気なニノ。
翔「降りてきたのを捕るしかないよね」
水「もの凄いシンプルなアドバイスですよね」
スタート:水「二宮君、今マジック凝ってるの? まだ」
ニノ「まだやってますね」
水「ほんと、カードは今持ってる?」
ニノ「(ポケットを軽く叩いて)今持ってないですね」
水「カードの手つきやってみて」
ニノ「カードの手つき?」ここでGO! ダブルキャッチで50と30で80pts!
水「俺の情報だと、カードをこん中に(ポケットに)入れているっていう話を聞いてたのよ」
ニノ「あ~!」
水「一瞬手を入れると思ったの」
ニノ「実はですね…」
智「カードは僕が持ってました
水「え~~~!」
玉「マジックだ!」
水「なんでこんな所でマジックやってるんだよ」
潤「預けたんですよね」
相「動きづらいからね」
水「事前に?」  ニノ「事前に」

2回目先攻はホフマンさんがキャッチで、チョイスは相葉ちゃん。
ホフマンさんでっかいんで頭着いちゃいそうだ。
玉「ポール握って踊ってるダンサーみたいな感じだね」
ちょっと踊っておいたら?って言う無茶振りにも素早く対応できるお茶目な人でした。
相葉ちゃんチョイスは1と3。
スタート:相「ホンマンさんは、日本食何が好きですか?」
ホ「寿司デスヨ~」
相「寿司の何が好き? 寿司の中で」
ホ「全部好きです」ここでGO! ホンマンさん2本ともスル~しちゃったので0pts。
玉「ホンマン~!」
翔「どうしたんですか、ホンマンさん」
相「見えた? 見えなかった?」
ホ「見えないデス!」
後攻嵐のキャッチはホンマンさんと同じ1980年生まれという事で、智君が。
翔「大野さんもやっぱ、そこで少しステップ見せてもらいたい」
智君、キャッチゾーンで軽やかにステップ踏んだ。
玉袋さんチョイスは2と3。
水「あのさぁ、0ptsでも大丈夫だよ、怒んないよね」
翔「博士、なんでそんなに本気なんですか?」
水「(賞品)もの凄い獲りたいんです」
何がそんなに獲りたいのかと聞かれ、「ベビーカー欲しいんです」と。
今、おんぶヒモで抱っこしてるからと話し出すと、
相「そんな話しないで下さい! 勝てなくなるでしょ!
水「子供が泣いてるんですよ、なんとか下さい」
困惑智君。
伊藤アナ「ゲストチームが最悪の作戦に打って出ました」(爆)
スタート:玉「あの大野君、釣りが相当好きらしいね」
智「はい」
玉「最近、何か釣りに行けなくなって、夜ルアーを見ながら酒飲んでるって話、本当なんですかそれ?」
智「それ、ちょっと前ですね」
玉「今度はどこに釣りに行きたいんですか?」ここでGO! ダブルキャッチ、10と30で40pts!

■ローリングコインタワー■現在ゲスト150pts、嵐300pts
翔「(150点差を指摘して)このままだと、順当に行くと大きな差がついてしまうかもしれません」
潤「同じコインの状況だとちょっと厳しいかもしれませんね」
水「なにその見下げた言い方」
翔「いや、見下げたとか言う事じゃなくて、やっぱりそのずっと引っかかってるのが僕らベビーカー」
水「5才と2才の子供がいるんですけど、12月に子供が生まれるんです」
玉「また産まれるんだよな」
(会場から拍手)
玉「少子化に歯止めかけてるんだから」
水「あのね、46歳なんです…これから3人の子供を育てなきゃいけないんです」
玉「住宅ローンも35年だよ」
水「今度生まれる子供が20歳になったとき、66歳なんです」
玉「恥かきっ子だよ」
嵐メンからは「せめて苦手な僕行きましょうか」と名乗り出た。
相「じゃあ、先週倒した僕がやります」と潤相コンビで参戦。
ゲストはホンマンさんと玉袋さんコンビで。
再び潤君「ポイントちょっと交換しますか?」これには浅草キッドもビックリ。
水「いま、嵐の好感度が上がってますよ」(爆)
嵐、浅草キッドの同情作戦に引っかかってます。
相「でも、これで負けたら恥ずかしいね、でもね」
潤「倒さなきゃいいわけだしね」
スタート*ホ⇒潤⇒玉⇒相の順で、1週目から潤君、低得点のコインを1枚乗せてた。何と、2週目の玉袋さんの所でタワーは崩れアウト! ゲストの完敗ですね。
ゲスト250pts、嵐485ptsで嵐勝利。

■感想■
(ちなみに賞品は玉=スポーツ心拍計、水=高級ベビーカー、ホ=デジタルカメラ)
翔「さぁ、僕らと戦ってみてホンマンさん如何でした?」
ホ「楽しかったですよ、でも悔しいです」
翔「さぁ、そしてお二方は如何でしたか?」
玉「はっきり言って、正直言って悔しかったけどね、楽しかったねぇ~、嵐と遊んでるとこんな楽しいんだね。最高だよ」
水「まぁ、俺的には5人は血も涙も無ぇなと」(爆)

■終了後3人のインタビュー■(嵐はモニターで見てるのかな?)
水「最後松潤なんかずるいもん」
玉「血も涙も無ぇなぁ」(潤君苦笑い)
水「もの凄いエゲツナイ置き方したよ、あれ」
玉「大人気ねぇっちゅうかなぁ、だって人気も全部あるんだぜ、それ以上何が欲しいんだよ」
水「だよ! せめて勝たせてくれれば…」
玉「あ~悔しい」
水「もう一回チャンスを下さい」
玉「お願いします」
ホ「お願いしますよ~~~(泣き顔)」(爆)

来週は10月1日放送の直前SPだそうです
08092000

| | コメント (0) | トラックバック (8)

VS嵐★勝俣州和&井上和香~新ゲーム登場

翔「凄いですよ! ノリにノッってます! 現在8連勝中」(拍手)
ニノ「もう、負けない!」
相「って言う事は?」
翔「今、10勝10敗イーブンになりました!」
相「これで…今日行けば勝ち越せるって事ですね」
翔「そういう事です」
潤「まぁ、でもおかしいよね、8連勝してイーブンですよ…」(爆)
翔「その前は何だったんだって話…でも、新しいゲームも今週ありますから!」

本日のゲスト―+勝俣州和さんと井上和香さん
勝俣さん、観客席通路側の女の子の頭をど突きながら登場。(ひでぇ~~)
翔「大丈夫でした?」と客席に振り向く。
プロレスが好きなのでタイガージェットシンのようにやってみたという(笑)

勝「最大の敵を迎えてしまいましたね!」(ニノは手を叩いてウケてる)
翔「どういう事ですか」 
勝「また負け越しが始まりますよ」
翔「始まりませんよ」
勝「テレビ1ゲームが強い!! 負けない!!」と自信たっぷり。
潤「自信あります?」
勝「あります! 多分今までテレビでもらった賞金賞品、合わせて1億超えてますね!」
一同:不信の「え~~!?」
井「あの、でも勝俣さんと組んだ事が何度かあるんですよ、こういう対決で、全部勝ってます!」
勝「このフジテレビさんでも一千万もらった事があります」
(本当らしい)
勝「使い切れませんよ!」
翔「じゃあ、いいじゃん。今日別に何も貰わなくたって」
勝「欲しい物があるんですよ…」
ニノ「買えばいいでしょ!」
勝「もう使っちゃったの!」
ニノ「使い切れないって言ってた!」嵐と勝ちゃんでやんや、やんや。

■デンジャラスサーファー(新ゲーム)■
サーフボードに乗せた仲間を押して止まった位置でポイントGET!
ただし、ペナルティープレートには『ものまね』『デンジャラスQ』『変顔』があってサーファーがデンジャラスな目に遭うという。得点プレートはあらかじめ相手チームが配置決めするようだ

新ゲームという事で嵐先攻。「はい!」と挙手したのはニノ。お相手は相葉ちゃん「僕が行きましょう!」と。
サーファーに相葉ちゃん。押すのがニノ。嵐全員が台の上でスタンバイ。
勝「あの2人でしょ、二宮君が押すんでしょ?」
ニノ「オレが押します」
勝「分かりました!」と即効でプレートに向かう。
相「何かあった?」
勝「性質ですね!」(ん?)
翔「性質? 性格でなくて?」
勝「性格です!」(爆)
ニノ「人を物みたいに言ったよね、今ね。どういう事なんだ、それは」
勝「それは教えないっす」
ニノ「でも、勝俣さん、オレ結構ギリギリ行きますよ、デンジャラスサーファーですから」
井「際どいの狙ってきそうな感じがする」
勝「じゃないと、格好悪いもんなぁ」
潤「どこ狙う? 200狙う? やっぱ」
ニノ「200行かないと…なぁ?」
相「ちょっと待てよ、200かぁ 200は…1発目だから200っていう考え方はちょっと置いといて…」
不安げな相葉ちゃんだったが、メンバーの意見が同じようなので納得。
プレートの配置も決まり、スタートを待つばかり。
サーファー相葉のポーズが変だが…。
相「風の抵抗を受けないように!」と
ニノ「いい!ナイス考え!」と珍しく褒めるニノ。
結果⇒ニノが押してスムーズに進んだボード。止まった場所はなんとデンジャラスQだった。(10pts)相葉ちゃんボードの上で凹んでるし。
井「作戦通り!」
デンジャラスQ*自分のステキな所を大声で言って下さ
相「僕の、ここのホクロがセクシーです」とわき腹のホクロを見せる(観客席から「きゃぁー!」の声)
でも、相葉ちゃんホクロの場所間違えてたし(爆)
ニノ「逆やってんじゃん!」
相葉ちゃんその場に佇み、顔を両手で隠して「恥ずかしい~~」
相「速くどっちかに引っ張ってよ!これスゴク恥ずかしいんだけど、ここ居っぱなし? これ、何このほったらかし! わ、マジデンジャラスなんですけど

2回戦再び嵐
翔「(智君に)お父さん、サーファーやった方がいいんじゃないの?」
智「次回にしようかな…」
翔「え? やらないの?」
観客席「えーっ!」
智「失敗した」
潤「じゃあ、オレ押す」(智君、少しビビる)
智「加減してね、手加減してね」
勝「思い切り押して10点よ」
井「そうだよ、アイドルは200狙わなきゃ!」
潤君と智君軽くシュミレーションしてるけど、智「コレだわ!」って結局は相葉スタイルになった。
結果⇒潤君、強く押しすぎ!智君落下で0pts
ニノ「何やってんだよ!」
智「リーダー、リーダー、ってオレのせい?
潤「リーダーが思いっきり押せって言うから…」
勝俣さんまでも「落ちなきゃ良かったんだよ」なんていうので再び智君「オレのせい?」と不満気。

ゲストチームは最初のサーファー勝俣さん。
嵐たちが下に降りては位置決め。
サーフィン経験がある勝俣さん、体重移動でコントロール出来ると言ったら、却下されてしまった。
「乗ってるだけですからね」と。
勝俣さん、200を宣言した。
勝「嵐とCHA-CHAの違いを見せます!」(アイドル対アイドルと言ってたけど)
結果⇒上手い具合にペナルティプレートを外して50pts。
続いては井上さんがサーファー。
勝俣さん、井上さんも200を狙うと宣言。
ニノが200狙うとリーダーのように落下しちゃうよと助言してるんだけど。
勝「もう、そのパターン取れたでしょ? あと欲しい画はなんですか? 200ですよね、お客さ~ん!」と煽る。
翔「テンションたけぇ~~」(爆)
結果⇒井上さんもデンジャラスQに。井上さんもボードの上で凹んでます。
デンジャラスQ*ファーストキスはいつ?
潤「ちゃんとリアルに答えてくださいね」
勝「(味方なのに)場所もだよね!」(笑)
井「伊藤さんは言ってなかったじゃん、場所は」
ボードの上でマジに困惑してる井上さん。井「中1」
相「どこで? どこで?」
勝「(中1で)早くね!?」と驚いてる。結局は場所まで言わされた井上さん、ちなみに駐輪場…。
初ゲームで 嵐 10 vs 60 ゲストと良くない成績。

■ローリングコインタワー■
翔「嵐チーム誰が行きましょう?」
相「誰が行きたいですか?」
翔「はい、行きたいです」と自ら挙手。
翔「お客さんも控えめの「えっー」でしたから…」
相「にしても「えーっ」はあるんだね」
翔「ためらいがあった…やる時はちゃんと「えっー」って言って下さいね! やりづらくなりますから」とお客さんにダメ出し。
相「誰が行きますか?」
翔「はい!」
お客さん「えっー!」
翔「言われたら言われたで凹みますけど…
ニノ「面倒くせぇなぁ」
相「櫻井君と僕で行きます」
スタート:翔⇒井⇒相⇒勝の順、翔ちゃんBGMを鼻歌で(ご機嫌じゃん)、1、2…5周目の相葉ちゃんが積んで勝俣さんに行く途中で倒壊、相葉ちゃんアウト!
嵐 223 VS 303 ゲスト 大差です。

翔ちゃん点数の低いコインを見て「コレそんなに小っちゃいのか?」
それは3ptsと言われてキョトン(今更なんですが)
ニノ「翔さん、何計算してやってたの?」
勝「何やってんだよ 翔!!」(ここぞとばかり(哀川翔さんと同じ翔なので)怒鳴ってました)
更に「翔はどこでもダメだなぁ~~! しっかりしろよ! 翔!!
翔「分かりましたよ!」
井「他じゃ言えないからね!」(爆)

■フォーリングパイプ■
翔「ここで勝負を決めたい!」
相「はい」
翔「問題があります。今日はねぇ、1回だけの挑戦となります」(観客どよめく)
相「でも、ひっくり返せますね、全然、ねぇ」
翔「全然、ひっくり返せますよ、嵐なら」
相「(笑いながら)嵐ならねぇ」
先攻はゲストチームで、翔ちゃんがどっちが先にキャッチに行くかと尋ねたら、
勝「先にやるに決まってるじゃないですか!」と叫ぶ。
チョイスはニノちゃん。
翔「勝俣さん、それ立つポイントかなり重要ですよ」
勝「でしょ? 20秒の中で変えていいんでしょ?」と台の上でクルクル回ってる。
井「斜めとかもありますからね」
ニノのチョイスは1と3
勝「もう選んだの?」
ニノ「選んだ」
勝「分かっちゃった!」
勝「(1と2を触って)ここは無いんです」
ニノ「何で?」
勝「掴みやすいから」
嵐「ほぉ~」
勝「対角線なんです」そして「1、3!」と叫ぶ。ピッタシカンカン!
勝「(パイプが手に)刺さったりしないよね?」
伊藤アナ「勝俣さん、そういうバラエティやり過ぎです」(笑)
スタート:ニノ「勝俣さんは最近ハマってる事があるって聞いたんですけど」
勝「富士登山!」
ニノ「何回登ってるんですか?」ここでGO! 左手のみキャッチで30pts。
相「勝俣さん、今当たってた、1、3で」
ニノ「当たってた、当たってた」
勝「でも、3、何も見えないよ」と腑に落ちない様子。
ニノ「でも初めてやった割りに取れるって多分スゴイことだと思う」
勝「でしょ、ずーっと目を見てたの、目が動いたの一瞬!…………ウソで~~す!!」(爆)

嵐が勝つには120pts必要だという。
逆転を賭けて潤君がキャッチにチョイスは井上さん。2と4をチョイス。
潤「1本捨てるか…」
勝「捨てない方がいいよ」
翔「松潤らしさで行こう」
潤「僕らしさって何ですか?」
智「JUN STYLEで!」(ナイスリーダー!)(観客「キャ~~~!」)
スタート:井「松本さん、最近何か血液型の本にハマってるそうですね!
潤「なんで知ってるの?」
井「何型なんですか?」
潤「A型ですね」ここでGO!なんと2本ともスル~しちゃいました。0pts
潤「血液型の本ってなんで知ってるんですか?」
井「そんなぁ、潤の事、何でも知ってるよ

嵐 223 VS 333 ゲストでゲストチームの勝利!

■賞品贈呈■
勝俣さんにはワインセット。栃木県足利のココファーム・ワイナリーのワインだそうです。
いつものように嵐のメンバー、お約束。
相「じゃあ僕コレにします」と相葉ちゃんが言い出すと、全員ワインを手に取った。
勝「じゃあ、オレはこれを(と台を運ぼうとして)コラ!」(お約束)
井上さんはダイソン掃除機。
翔「何で? 掃除機無いの?」
井「あります、だって高いんだもん、これ、自分で買うのはヤダったから貰いたいなと思って」

■感想■
勝「楽勝でした!」
ニノ「違う、違う、何かもっと、楽しかったとかさ」
勝「翔という名前の人に威張れたことがうれしい! 何やってんだよ翔!って
翔ちゃん、哀川さんのマネで「ダメだよ、そんな事言っちゃ~、いい加減にしないと俺も怒るぜ」って似てた?
勝「今度は兄ちゃん(哀川)と来ますよ!」【参戦?】
井「態度が全然違いますよ!」(ぜひおとなしい勝俣さんで来てください)

■反省会■
潤「悔しいなぁ~マジ」
翔「最後、まさか捕れないっていうのは中々無かったからね」
ニノ「悔しいね」
翔「でもいんじゃない? あのままだったら調子に乗ってたよ、ここで1回負けて自分達を見つめ直すっていう時間が必要だと思う!」
勝「やっと気付いた?」
(まだ居た勝俣さん)
勝「ムカツクから頑張ろうよ! 初心忘れるべからず」
井「邪魔して本当にスミマセン」と勝俣さんを引っ張って帰る。
勝「いつか君たちも俺みたいになれるからね、頑張って嵐、このままで終わらないで」

ニノ「(去った後に)絶対ああなるのヤメとこうな……
相「ああいう大人にだけはね…」(笑)
嵐「うーん」

■10月1日(水)夜10時はVS嵐最強王決定戦でアスリート達と戦うらしい。

0809130

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »